常備菜としておすすめな幅広く使えるカーボロネロのコク旨トマト煮込み

 

レシピのポイント


黒キャベツ・カーボロネロの旨みと甘みが加わった美味しいトマト煮込み。赤ワインを加えるのでコク深い味わいになります。
パンにつけてもパスタと和えても、クリームソースを準備してラザニアやドリアにも◎
使い勝手のよい常備菜としておすすめです♪

 

材料(約4人分)


カーボロネロ      3枚
鶏肉         100g
トマトの水煮      1缶
赤ワイン       100cc

にんにく        1片
オリーブオイル    大さじ1
コンソメ         1粒
味噌         大さじ1

フォカッチャ    お好みで

 

レシピ

手順 1


カーボロネロは3cm角にカットしておきます。
鶏肉は粗めに叩いておきます。
トマトの水煮も大きな果肉は手で潰しておきます。
にんにくはみじん切りにしておきます。

 

手順 2


フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱めの中火にかけ、にんにくがきつね色になったら鶏肉を加えて焼き色が付くまで炒めます。

 

手順 3


トマトの水煮、赤ワイン、コンソメ、味噌も加えて20〜30分程弱火で煮詰めます。

 

手順 4


カーボロネロも加えて更に5分程度加熱し水分が少なくなってとろみが出てきたら完成です。
パンに付けたりパスタを和えて召し上がれ♪

 

どんな料理でも美味しく使える!岩見さんのカーボロネロ

広島県の岩見さんから濃い深緑色が美しいキャベツの仲間「カーボロネロ」を送っていただきました。

見た目の濃い緑色からわかるように、とっても栄養満点なお野菜。
苦みもなく、甘みとしっかりとした旨みを感じるとても食べやすい味わいでどんなお料理にも美味しく使えます。
炒め物はもちろん、煮込み料理やスープにもおすすめ♪

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
岩見さんのカーボロネロ(広島県産)
ビタミン類、カルシウム、βカロテンも抜群に豊富な緑黄色野菜。 加熱すると、じんわりした甘味と旨味が引き立ちます。 細かく刻んでオリーブオイル、にんにくでじっくり炒めてバゲットに盛ればお手軽なブルスケッタに。 やトマトとじっくり煮込んでリボリッタに。
岩見さんのカーボロネロ(広島県産)を詳しく見る

2019.01.25

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ