妊婦におすすめの野菜5選!子供のためにとりたい栄養って?

妊娠すると、ごく初期の頃から後期まで、食欲がなくなったり逆に増したりと食欲に変化があらわれる妊婦さんがいたりします。ときには我慢できないほどの強い食欲を感じる方もいるようですが、これはホルモンのバランスが変わるから。妊娠中に食べたものは胎児の健康にも関係するので、栄養素をちゃんと確かめて、食品を選びたいですね。

妊娠中に必要な栄養素とは

妊娠中は、大切な赤ちゃんが成長する第一歩となる時期。母体はもちろんのこと、赤ちゃんも十分に栄養がとれるよう、食生活に注意することは重要です。

妊娠中に必要とされる主な栄養素

  • タンパク質
  • カルシウム、マグネシウム
  • 葉酸
  • 鉄分
  • 食物繊維

昔は「妊娠したら煮干しを食べろ」とよく言われたものでした。お腹の中で赤ちゃんが成長するためには、まず骨を形成するカルシウムを必要とするからです。
また、酸素や栄養も常に与え続けなければならないので、母体にはたくさんの血液が必要となります。貧血を防ぐためにはレバーの摂取を推奨されることもよくあります。

しかし、煮干しのにおいが苦手で口にできないという方もいますし、貧血に良いと知っていてもレバーの食感が好きじゃない方もいらっしゃいます。たとえ好きだとしても、妊娠で味覚が代わって食べられなくなってしまうことも。
そんなときには、口当たりの良い優秀な野菜を代わりに食べてみてはいかがでしょうか?妊婦さんにおすすめの野菜5選をご紹介します。

妊婦におすすめの野菜5選

妊娠中に必要な栄養素を含む野菜と、含まれる主な栄養素

●枝豆・そら豆・納豆・その他大豆類…タンパク質・鉄分・葉酸

●パセリ…鉄分とビタミンC・βカロチン

●モロヘイヤ…葉酸・カルシウム

●かぼちゃ…葉酸・βカロチン

●キノコ類…食物繊維・ビタミンD

特に葉酸は、先天性である「神経管閉鎖障害」という病気のリスク低減に役立つことがわかっており、妊娠中には欠かせない栄養素として国からも適量の摂取をすすめられています。
この病気はお母さんが便秘になることでも誘発される可能性があるため、食物繊維を毎日しっかりとって、お通じをよくしておきましょう。

また、それぞれの栄養素は互いに結びつくことで吸収率を上げたり、違う栄養素を生み出したりする動きがあるので、偏りなくいろいろな野菜をまんべんなく食べることが大切です。

野菜嫌いの子供にしないために、妊娠中が大切?


最近の研究では、妊娠中にお母さんが野菜をしっかり食べている子とそうでない子では、生まれた後の野菜嫌い度に大きく影響することがわかってきました。

調べたのはアメリカの小児科学会「Monell Center」。お母さんが妊娠中や出産後に野菜を好んで食べていると、羊水や母乳を通じて赤ちゃんがその風味に慣れ親しみ、お母さんがよく食べた種類の野菜を好んで食べる傾向があるという研究結果を発表したのです。

胎児は口からものを食べるわけではありません。しかしお腹の中で、お母さんの味覚を通して「何がおいしいか」を学んでいるのですね。

食べることが大切な胎教になる

胎教とは、お腹の中にいる赤ちゃんに聞かせるために絵本を声に出して読んだり、歌や音楽を流したりすることを指していますが、お母さんの食事そのものも、とても大切な胎教のひとつであると言えるのかもしれません。

まとめ

子供が野菜嫌いになってからでは、無理に食べさせるのは難しくなります。ぜひ妊娠中からおいしく野菜を食べて、子供が自然と野菜の風味に親しめるよう、豊かな味覚を育ててあげましょう。つわりで思うような食生活がおくれないときも、ご紹介した栄養素や野菜を参考にして、健康で野菜好きな子をお腹の中から育てていきましょう。

もちろん無理はせず。つわりで野菜が苦手になる妊婦さんもいますので、妊婦さん本人の体調を優先してマイペースを心がけてくださいね。

2017.10.21

こんな記事もおすすめ