乾燥赤そら豆を甘煮で食べると美味しい♪砂糖を控えて素材の味を楽しむのがポイント

 

レシピのポイント

乾燥赤そら豆で甘煮を作りました。
ほっくりとした味わいが美味しいですよ。
砂糖を控えて素材の味を楽しめるようにしました。

 

材料(2人分)

乾燥赤そら豆
砂糖 40グラム
醤油 小さじ半分

 

レシピ

手順 1

乾燥赤そら豆を一晩水につけておきます。

 

手順 2

水をたっぷり注いでから煮ます。
一度沸騰したら水を捨てて入れ替えます。
30分~40分程柔らかくなるまでゆっくり煮ます。

 

手順 3

水を捨ててから砂糖と醤油を加えて少し煮ます。

 

 

お赤飯やあんこにしても美味しい小林さんの乾燥赤そら豆

和歌山県に住んでいる小林さんが乾燥赤そら豆を届けてくださいました。
赤紫色をしているそら豆です。
水に一晩漬けておくと膨らんで柔らかくなるので調理がしやすくなります。
お赤飯やあんこにしても美味しいですよ。
ぜひ一度食べてみてください♪

 

ココノミの野菜情報
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)
優しい甘さが体にしみる小林さんの乾燥赤そら豆。生の空豆より旨味が凝縮されているというスタッフの声も。 甘みもしっかり感じられ、茹でても空豆の風味が残っています。豆ご飯にすると豆のホクホク感がしっかり感じられ、お赤飯のような見た目に。 加熱後は、皮から豆が顔を出し、実はするっと食べやすかったです。サッと塩を振り掛けると甘みが引き立つので、塩だけでいただくのもおすすめ。
小林さんの乾燥赤そら豆(和歌山県産)を詳しく見る

2018.09.11

  • 書いた人:もも

    富山県に住んでいる主婦です。小さなころから食べることが大好きで、お菓子作りや料理をおこなっていました。
    簡単で身体に優しくて美味しいレシピを心掛けています。いつか大きくなった娘2人と一緒に料理を作ることを楽しみにしています♪

こんな記事もおすすめ