さつまいも(鳴門金時)で作るとろーり甘い大学芋!外側はカリッと中はホクホク♪

 

レシピのポイント


ほくほく甘いさつまいも食感も楽しい懐かしの大学芋で。蜜はとろーり、外側はカリッと、中はホクホク♪

 

材料(1人分)


さつまいも      1本(約)
サラダ油       適宜

さとう        大さじ3
みりん        大さじ1
しょうゆ       小さじ1
水          大さじ2

 

レシピ

手順 1

さつまいもは乱切りにして水にさらしてからキッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取っておきます。

 

手順 2

さつまいもを揚げます。
プライパンにさつまいもを入れ、そこへサラダ油をさつまいもがつかるくらい加えてから弱めの中火にかけます。

 

手順 3

絡める蜜を作ります。
鍋に砂糖、みりん、しょうゆ、水を入れて中火にかけ、とろみがつくまで5分程度煮詰めます。
【画像2】

 

手順 4

さつまいもの表面が薄くきつね色になり、竹串をさしてみてスッと刺さったら取り出します。
油を軽く切って熱いうちに密の入った鍋に入れて全体にみつを絡めていきます。

 

手順 5

クッキングシートにみつを絡めたさつまいもを広げてから黒ごまを振りかけ、あら熱がとれたら完成です。
【画像4】

 

ほくほく&甘さが魅力!林さんのさつまいも・鳴門金時


長野県の林さんからがほくほく&甘さが魅力のさつまいも「鳴門金時」を送っていただきました。
じっくりと熱を通す事で甘みを最大限に引き出せます。
煮て良し、蒸して良し、焼いて良し♪天ぷらや焼き芋、お菓子の材料としても大活躍の美味しいお芋。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
林さんのさつまいも・鳴門金時(長野県産)
甘みとしっとり、ねっとりした食感が楽しめる林さんの鳴門金時。お料理にはもちろんですが、焼き芋で素材の味と食感を楽しむのがオススメです。
林さんのさつまいも・鳴門金時(長野県産)を詳しく見る

2018.11.15

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ