ズッキーニをあますこと無く楽しむ♪生ズッキーニの肉味噌焼きが美味しい

 

レシピのポイント


ズッキーニを丸ごと使った美味しい一品。

甘めの肉味噌にはくり抜いたズッキーニも入れているのであますこと無く美味しさを楽しめます♪

生で食べても美味しいズッキーニ。軽く火を通せばホットサラダ風。

じっくりとろけるまで待って田楽風でも。

 

材料(1人分)


ズッキーニ       1本
挽肉          100g
味噌          大さじ1
みりん         大さじ1
酒           大さじ1

白ごま         小さじ1

 

レシピ

手順 1


ズッキーニは縦に半分にカットして、真ん中の種の部分を浅くくり抜きます。

くり抜いたズッキーニは粗みじん切りにしておきます。

 

手順 2


挽肉、味噌、みりん、酒を合わせたものをフライパンへ入れて中火にかけます。

炒めながら加熱し、挽肉に火が通ったら片側に寄せててあいたところへズッキーニの粗みじんを加えて軽く炒めてから肉味噌部分と合わせて馴染ませます。


 

手順 3


半分に切ったズッキーニのくぼみに肉味噌を乗せ、真ん中に白ごまを振りかけてからグリルに入れます。

中火で5分程度焼き、肉味噌に焦げ目がついたら完成です。

お好みで食べやすい大きさにカットして召し上がれ♪

(焼き時間は目安です。肉味噌には火が通っているので、ズッキーニをサラダ感覚で楽しみたい時は時間を短めに。

田楽風にとろっとした食感を味わいたい時は弱火で10分程度でお試しください。)

 

瑞々しさと繊細な果肉感の岩見さんのズッキーニ


広島県の岩見さんから、夏にはかかせないお野菜「ズッキーニ」を送っていただきました。

生で食べても火を通しても、共通して瑞々しさと繊細な果肉感を感じました。

そしてクセもあまりなくとっても使い勝手の良い夏野菜のひとつ。これからの季節に欠かせません♪

生のままならしっとりとした果肉感を楽しむサラダもおすすめ。

塩こしょうとバターで軽くローストして甘みと香りを引き出すだけで立派な一品に早変わり!

煮込み料理ではとろとろ食感で旨み倍増、と、調理法によって違う美味しさが楽しめます。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
岩見さんのズッキーニ(広島県産)
シャキッとした歯ごたえがある皮が特徴の岩見さんのズッキーニ。実は柔からかで焼くとしっとりするので皮との食感の違いが楽しめます。オリーブオイルで炒めて、ぜひ食感の違いをお楽しみください。
岩見さんのズッキーニ(広島県産)を詳しく見る

2018.07.01

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ