しょうが醤油で味に深みを!パクチーと牛肉の炒飯

※大きめに切った牛肉が食べごたえあり!

 

レシピのポイント

パクチーにはクセの強い食材が良く合うので、肉の中でも香りの強い牛肉と組み合わせました。

牛肉の脂分を引き出し、そこにパクチーとしょうがを合わせることで、最低限の味付けでもしっかりした味わいになっています。

レシピには書いていませんが、盛りつけ写真にある根は小麦粉をまぶして揚げ焼きにしたものです。

これだけでも充分に美味しいので、余った根があればぜひ試してみてくださいね。

 

材料(2人分)


パクチー     2〜3束
牛肉ブロック   100g
ごはん      お茶碗2杯分
卵        1個
しょうが     1片
醤油       小さじ2
ごま油      大さじ2

 

レシピ

手順 1


パクチーを2〜3㎝程度のざく切りに、牛肉は1㎝くらいの角切りにしておきます。

ご飯は炊きたてであれば、お椀にもって少し冷ましておきましょう。

卵は器にいれて、溶いておきます。

 

手順 2


調理時間を時間を短くするため、先にしょうがをすり下ろして醤油と混ぜておきましょう。

※しょうがの香りがパクチーと良く合います

 

手順 3


フライパンにごま油を大さじ1入れ、牛肉を炒めます。

脂が出てきて焼き目が付いたら、フライパンから牛肉を取り出しましょう。

※この脂に旨味がつまっています

 

手順 4


フライパンに残りのごま油を入れ、強火で加熱します。

温まったら卵を投入し、油と馴染ませながら炒めていきましょう。

卵が半熟になったらご飯と牛肉を入れ、ご飯に絡ませるように混ぜていきます。

※卵でご飯をコーティングするイメージです

 

手順 5


卵がご飯に絡んだらパクチーの茎の部分と葉の半分量を入れ、さらに炒めましょう。

パクチーがしんなりしたら鍋肌からしょうが醤油を投入し、全体に行き渡るように混ぜます。

皿に盛りつけ、残ったパクチーを載せれば出来上がりです。

 

牛肉や豚肉との相性も良いパクチー


※そのまま食べてみると、最初に甘み、次いでかすかな苦味が広がります

パクチーは香菜やシャンサイとも呼ばれ、種はスパイスのコリアンダーとして利用されます。

ハーブの一種なので、他の香りの強い食材と合わせる事で奥深い味わいにしてくれます。

魚介類はもちろん、牛肉や豚肉との相性も良いので使い勝手もいいんですよ。

またその強い匂いに注目されがちですが、豊富な栄養成分による効果も凄いんです。

キレート作用といわれる体内の異物排出作用や、ビタミン類による抗酸化作用でアンチエイジングに効果的といわれています。

香川県の香川さんが育てたパクチー、豊かな香りと繊細な味を感じてみてください。

 

2017.11.22

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ