パクチーの香りを楽しむ!和風エスニックなアジアンカルパッチョ


※鮮やかな色と香りが食欲増進に効果的です

 

レシピのポイント

パクチーをふんだんに使い、和風エスニックに仕上げたカルパッチョです。

茎を細かく切って具材と合わせているので、噛む度に口の中に芳醇な香りが広がります。

更にエスニックさを求めるのであれば、醤油をナンプラーに、レモンをライムに変えてみてください。

サーモンとイカ以外にも、鯛や蛸、ホタテなどを使って美味しいですよ。

 

材料(2人分)


パクチー       3束
サーモン       1柵
イカ         1柵
ごま油        大さじ1
レモン汁       小さじ1
醤油         小さじ1
塩          ひとつまみ
砂糖         ひとつまみ
ブラックペッパー   適量

 

レシピ

手順 1


良く洗ったパクチーの葉を茎から外します。

茎は細かめに刻んでおきましょう。

※根はフリッターにしたりスープに入れると美味しいですよ

 

手順 2


ボウルにブラックペッパー以外の調味料を入れ、ドレッシングを作ります。

混ざりあったら、細かく切ったパクチーの茎を入れましょう。

※使う刺身に量に合わせてドレッシングの量も調節してください

 

手順 3


刺身を食べやすい大きさにカットし、ドレッシングと混ぜ合わせます。

器の中心に刺身を、周りにパクチーの葉を盛りつけます。

全体にブラックペッパーを散らせば出来上がりです。

 

牛肉や豚肉との相性も良いパクチー


※そのまま食べてみると、最初に甘み、次いでかすかな苦味が広がります

パクチーは香菜やシャンサイとも呼ばれ、種はスパイスのコリアンダーとして利用されます。

ハーブの一種なので、他の香りの強い食材と合わせる事で奥深い味わいにしてくれます。

魚介類はもちろん、牛肉や豚肉との相性も良いので使い勝手もいいんですよ。

またその強い匂いに注目されがちですが、豊富な栄養成分による効果も凄いんです。

キレート作用といわれる体内の異物排出作用や、ビタミン類による抗酸化作用でアンチエイジングに効果的といわれています。

香川県の香川さんが育てたパクチー、豊かな香りと繊細な味を感じてみてください。

 

2017.11.17

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ