バジルの栄養が丸ごと取れる!タコとバジルのマリネサラダ

レモンの酸味でさっぱりと仕上げています
 

レシピのポイント

イタリア料理によく使われるバジルですが、魚介類との相性も良いので今回はタコを使いました。

大きめにちぎることで存在感を出し、ハーブというより野菜として使用しています。

タコと一緒に噛むたびに、バジルの新鮮な香りが口の中に広がります。

バジルは油と組み合わせることで栄養素の吸収率が上がるので、マリネは栄養面でもとても理にかなっています。

マリネドレッシングは、砂糖を少し入れることが味に深みを持たせるコツです。

 

材料(2人前)

バジル      一つかみ
茹でダコ     200g

□ドレッシング
にんにく     1片
オリーブオイル  大さじ2
レモン汁     大さじ1
塩        ひとつまみ
さとう      ひとつまみ
ブラックペッパー 適量
 

レシピ

手順 1

バジルは手で食べ易い大きさにちぎり、タコは一口大にカットします。

にんにくはすりおろしておきましょう。

※バジルは手でちぎることで香りが立ちやすくなります
 

手順 2

ドレッシングの材料をボウルに入れ、泡立て器でよく攪拌しておきます。

丁寧に混ぜることで、酸味がまろやかになります。

※この時点で味見をしておき、お好みのバランスに調節してください
 

手順 3

ドレッシングの入ったボウルにタコとバジルを投入し、全体的に混ぜ合わせます。

よく冷やしてから器に盛り付ければ、バジルとタコのマリネサラダの出来上がりです。

 

鮮やかな緑と豊かな香りが印象的なハーブ

バジルの特徴はなんといっても爽やかな香りです。

食材に豊かな風味を添える役割もありますが、リラックス効果も持ち合わせています。

虫除けの効果もあり、トマトを育てるときのコンパニオンプランツとしても有名です。

ピザやパスタでよく使われ、トマトとの相性は周知の通りですが実はシソ科の仲間。

なので醤油や味噌など、和風の調味料ともよく合うんです。

京都府京都市の市原さんから届いた香り高いバジル、色んな食材と組み合わせてみてくださいね。

 

2017.09.29

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ