濃縮された具材の旨味を味わう!バターナッツの豚汁

具沢山の汁物は、それだけで立派なおかずになります

 

レシピのポイント

冬になると食べたくなる豚汁に、バターナッツを使いました。
最初に炒めることで煮崩れしにくくなり、素材の味が濃縮される効果もあります。

バターナッツから優しい甘みが溶け出すので、みりんや砂糖を入れなくてもほど良い甘さに。
ごぼうや豚肉からも良質の出汁が出るので、かつおや昆布の出汁も必要ありません。
使う味噌によって塩分量が違うので、味を見ながら醤油で調節してくださいね。

 

材料(4〜5杯分)

バターナッツ     1/2個
豚肉         200g
大根         10cm程度
ごぼう        1/2本
にんにく       2片
青ねぎ        適量
味噌         お玉1杯分
醤油         大さじ1
ごま油        大さじ1
水          800cc
 

レシピ

手順 1

まずは食材の下準備です。

バターナッツは良く洗い、種をとっていちょう切りにしておきます。

ごぼうはささがきにして水にさらしておきましょう。

大根は半月切りに、にんにくは5mm幅にスライスし、豚肉は食べやすい大きさにカットします。

※この他にも人参やこんにゃく、里芋などを入れても美味しいです

 

手順 2

フライパンにごま油をひき、にんにくを入れて弱火で香りを出します。

香りが出てきたらバターナッツと大根、ごぼうを入れて中火で炒めましょう。

にんにくと具材を先に炒めることで、豚汁にコクが出ます。

※先に炒めることで煮崩れも防ぎます

 

手順 3

具材に火が通ったら深めの鍋に移し替え、水を入れて沸騰させます。

沸騰したら弱火にし、豚肉を入れましょう。

アクを取りながら豚肉に火が通るまで煮込んでいきます。

※強火で加熱すると、豚肉が堅くなってしまいます

 

手順 4

豚肉に火が通ったら火を止めて、味噌を入れましょう。

味をみながら醤油で塩味を調節したら、しばらく冷まして具材に味を染み込ませます。

食べる直前に温めなおし、器に盛りつけて刻んだ青ねぎを散らせば出来上がりです!

 

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴のバターナッツ


※独特の形と鮮やかな色味が目にも楽しい野菜です

ひょうたんのような見た目のカボチャ、バターナッツ。

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴で、ポタージュなどによく使われます。

生のままでも食べられるので、応用の幅が広く使い勝手のいい野菜です。

切ってみると瓜の様な爽やかな香りを感じ、オレンジ色の果肉が食欲をそそります。

そのオレンジ色の成分は、カロテノイドと呼ばれる栄養素です。

抗酸化作用がありアンチエイジング効果も期待出来るうえ、ビタミン類も豊富なので風邪の予防にも効果的です。

愛知県の竹内さんが育てたバターナッツのコクのある甘み、ぜひ味わってみてくださいね。

 

2017.11.11

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ