シンプルなのにコク深い!ラディッシュとささみの梅マヨサラダ

梅干しは調味料としても秀逸なんです

 

レシピのポイント

ラディッシュの爽やかな辛味に合わせたのは、梅の酸味を活かした梅マヨドレッシング。

ドレッシングといっても梅干しとマヨネーズを合わせただけのものですが、それだけでコク深い味わいになります。

ささみはじっくり加熱する事でパサパサしにくくなり、手で割くことで味が絡みやすくなります。

細か目に刻んだ葉の苦味が、ちょうどいいアクセントに感じられますよ。

 

材料(2人分)

ラディッシュ   5〜6個
ささみ      2〜3本
梅干し      1個(小ぶりなら2個)
マヨネーズ    大さじ1
塩        適量

葉の下処理用
塩        小さじ1
お湯       500ml
氷水

 

レシピ

手順 1

ささみを常温にもどし、両面に軽く塩をふって5分ほど置きます。

フライパンにうすく油を引き(分量外)、弱火で焼きましょう。

両面に軽く焼き目がついたら蓋をし、3分ほど経ったら火を止めて余熱で火を通します。

※強火で焼くと身が固くなるので注意しましょう

 

手順 2

ラディッシュの葉を良く洗い、塩を入れた熱湯で茹でます。

茹で時間は20秒ほどで、茹で上がったらすぐに氷水に入れましょう。

氷水に入れる事で色味も鮮やかになります

 

手順 3

ラディッシュの根を2〜3mmにスライスします。

葉は水分を良く絞って、1㎝ほどの長さにカットしましょう。

ささみは手で細かく割いておきます。

※根は水にさらさなくても大丈夫です

 

手順 4

種を取った梅干しを、包丁でたたきます。

マヨネーズとたたいた梅を合わせたら、③の具材とよく混ぜ合わせましょう。

冷蔵庫でしばらく寝かし、味が馴染んだら出来上がりです!

 

はじける様な歯ごたえのラディッシュ!

ラディッシュは蕪に似た見た目をしていますが、実は大根の仲間です。

和名は二十日大根といい、明治時代から食べられています。

大根と同じように消化酵素のアミラーゼやビタミンCも豊富なので、副菜や箸休めに最適な野菜です。

特徴的な赤色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれているから。

ただ含まれている栄養素は熱に弱いものが多いので、加熱する際は短時間を心がけしましょう。

滋賀県の原田さんが育てた滋味溢れるラディッシュ、ぜひ沢山召し上がってくださいね。

 

2017.11.06

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ