甘辛いタレがよく絡みご飯がすすむ!春菊と鶏肉のみぞれ煮

blog_danshi54_00

※柔らかな鶏肉と春菊に甘辛いタレがよく絡みます

 
みぞれ煮の甘辛い味に春菊の香りと苦みが合わさって、ちょっと大人の味になります。
先に合わせた調味料と煮込んでいくので、忙しい時でも簡単に出来るレシピです。

 
大切なのは、春菊の火の通り加減。
火が通りすぎるとグズグズになってしまうので、春菊の葉をフライパンに入れたら30秒から1分以内で仕上げるようにしましょう。

 
材料(2人前)
・春菊            1袋
・鶏肉(ムネでもモモでもOK) 1枚
・大根            6〜7cm
・醤油            大さじ2
・みりん           大さじ1
・お酒            大さじ1
・片栗粉           大さじ1
・塩             ひとつまみ
 

①大根はよく洗ってから皮ごと擦りおろし、鶏肉は一口大の大きさに。
春菊は茎と葉を切り分けておきましょう。
 

②ビニール袋に鶏肉、片栗粉、塩を投入してよく振っておきます。
すりおろした大根に、醤油とみりん、お酒を合わせておきましょう。

blog_danshi54_01
※ビニールを使う事でひと手間が省けて簡単に

 
③フライパンで鶏肉を焼いていきます。
皮目から焼き、ある程度の焦げ目がついたらひっくり返していきましょう。
火加減は中火で、焦げないように注意します。
 

blog_danshi54_02
※片栗粉の効果で、香ばしく焼き上がります

 
④鶏肉に火が通ったら、先ほど合わせた大根おろしと調味料をフライパンに入れます。
鶏肉に絡めていきながら、中火で煮込んでいきましょう。

 
⑤水分が半分ほど減ったら、春菊の茎を入れてまた煮込んでいきます。
茎がしんなりしたら葉の方も投入します。

 
⑥春菊がしんなりしてきたら火を止め、お皿に盛りつけて完成です!

 

まとめ

shungiku
※ストレス対策に、ぜひとも摂っておきたい食材です

 
春菊には独特の香りがありますが、なんと10種類以上の香味成分が含まれているそうです。
その中でもリモネンとα-ピネンは副交感神経を高め、自律神経を整える効果があると言われています。
新しい生活が始まって神経が疲れやすいこの季節には、とてもありがたい野菜です。

 
ただし注意点が1つだけ。
春菊は傷みが早いので、届いたらすぐに冷蔵庫に入れておいて下さい。
鮮度のいいものなので出来るだけ早く使うのが理想的ですが、保存する場合は立てておくようにしましょう。

 
和洋問わずに使える、徳島県阿波市の小野さんが育てた無農薬春菊。
ぜひご賞味くださいね。

2017.04.28

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ