赤玉ねぎのソテー♪タルタル風ツナマヨソースを添えて

 

レシピのポイント

赤タマネギは生で、と言うイメージもありますが、火を通してももちろん絶品です。

色移りしないように単品で調理することがポイント。

ソテーして甘みを引き出したタマネギとシャキシャキ食感を活かしたサラダ感覚のソースがぴったり♪

赤タマネギ大活躍の一品です。

 

材料(2人前)

赤タマネギ       大1/2個
小麦粉         大さじ1
バター         大さじ1

ツナ缶         50g(だいたい1缶分)
マヨネーズ       50g
ケチャップ       大さじ1
赤タマネギ       50g

 

レシピ

手順 1

材料を準備します。

赤タマネギは1センチ幅に輪切りにします。調理中にバラけないように横から爪楊枝句をうちます。

ツナマヨソース用の赤タマネギは5mm角程度の粗みじんにしておきます。

ツナ缶は油をしっかりときっておきます。

 

手順 2

弱火にかけたフライパンにバターを入れ、赤タマネギの表面に小麦粉をまぶしてソテーします。

表面に焼き色がつくまで、両面をじっくりと焼きます。

 

手順 3

ソテーした赤タマネギをお皿に盛り、爪楊枝をはずします。

ツナマヨソースは材料を混ぜ合わせ、一緒に盛り付けたら完成です。

 

血液サラサラにする効果も期待な赤玉ねぎ♪

三重県津市の實田さんから、とても立派で赤紫色が鮮やかな赤タマネギを送っていただきました。

赤タマネギの皮はきれいな赤紫色をしていますが果肉そのものは白いので、カットするときれいな層が出てきます。

新玉ねぎのように水分が多く、辛味や匂いが穏やかで甘みもあり、その色を活かした生のままの料理に向いています。

体に対しても新陳対処を促し、血液サラサラにする効果も期待できる素晴らしい食材です。

彩りと美味しさと健康と、嬉しいことばかり!どんどん取り入れていきましょう♪

 

2017.09.06

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ