ローストビーフとシャキシャキ水菜の前菜♪オーブン不要

焼いて炊飯器に入れたら、あとは切って巻くだけ 焼いて炊飯器に入れたら、あとは切って巻くだけ

生で食べられる水菜を楽しむにはサラダがもってこい!
と言いたいところですが、今回は前菜としてもしっかり楽しめて、満足度も高いローストビーフと組み合わせてみました。
とは言っても難しい手順は一切なし!
オーブンいらずで簡単にできるのです。
しっとりとしたビーフと水菜のシャキシャキ感が食欲をそそる一品です。

材料(2人前)

・水菜              1束
・牛肉ブロック          400g
・クレイジーソルト(なければ塩) 適量
・ブラックペッパー        適量
・赤ワイン            20~30ml

 

①まずはローストビーフ作りから。
牛肉ブロックを常温に戻し、全ての面にクレイジーソルトとブラックペッパーをしっかりとまぶします。
15分程おき、肉の中に塩分を浸透させましょう。

この時間を利用してお湯を沸かしておきましょう

この時間を利用してお湯を沸かしておきましょう

②フライパンを強火で熱し、油をひきます(分量外)。
煙が出てきたら牛肉を入れて満遍なく焼きましょう。
焼き色がついたらジップロックに入れ、中の空気を抜いてしっかり密閉します。

③炊飯器に沸騰する直前のお湯を入れましょう。
お湯の量は肉が浸るくらいであれば問題ありません。
炊飯器にジップロックごと肉を投入したら、蓋をして保温にします。
30分ほど待てば、ローストビーフの完成。
ジップロックの中の水分は、肉の旨味が凝縮してるのでソースに使います。

肉の大きさにより保温時間が変わります。もう一回り大きい肉の場合は40分程度が目安です

肉の大きさにより保温時間が変わります。もう一回り大きい肉の場合は40分程度が目安です

④水菜を流水でよく洗い、砂を落とします。
5㎝程度の長さに切り、根元と葉先がバランスよくなるように分けておきます。

⑤ローストビーフを薄く切り、④の水菜を巻いて爪楊枝で止めておきます。

⑥最後にソース作りです。
小鍋に赤ワインを入れ、沸騰させてアルコールを飛ばしたら、ジップロックの中身を入れて煮詰めていきましょう。
仕上げに塩こしょうで味を整えればソースの出来上がり。

⑤を盛りつけ、ソースをかければ完成です!

 

まとめ

つやっとした白と、鮮やかな緑の色合いが鮮度の証し

つやっとした白と、鮮やかな緑の色合いが鮮度の証し

徳島県阿波市の小野さんさんから、鮮度抜群の水菜が届きました!
そのまま噛むと、口の中に水分がしみ出してくるくらいの瑞々しさ。
そのクセの少なさから色んな料理に使われますが、関西では「はりはり鍋」が有名ではないでしょうか。
もちろん鍋でもとっても美味しいのですが、今回はこの鮮度の良さを存分に楽しめるようなレシピを提案します。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ