ビールがすすむ!ご飯もすすむ♪新玉ねぎたっぷりの麻婆豆腐


 
我が家の麻婆豆腐はたっぷりの玉ねぎ入り。新玉ねぎを使うことで更に甘く味わい深い一品になりました。
食べ応え抜群!ビールが進み、締めにはご飯にかけて麻婆丼で召し上がれ。
辛いけど、玉ねぎの甘みと旨みが深い味わいでどんどんお箸が進みます♪
 

◆材料 <2〜3人分>

 
合挽き肉・・・200g
絹ごし豆腐・・・1丁
新玉ねぎ・・・大1個
長ネギ・・・白い部分1本分
しょうが・・・1片
にんにく・・・1片
サラダ油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
コチジャン・・・大さじ1
 

※代わりに市販の麻婆豆腐の素でも構いません。
水・・・1カップ
鶏ガラスープの素(または中華だし)・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
味噌・・・大さじ1
ウスターソース・・・小さじ1

・片栗粉と水・・・各大さじ1

山椒(あれば花椒)・・・小さじ1
長ネギ・・・青い部分1本分
ごま油・・・適宜・お好みで。

◆作り方
  

材料を準備します。
しょうが、にんにく、長ネギをみじん切りにします。長ネギは白い部分と青い部分を分けておきます。
新玉ねぎは1cm角程度に粗みじんに切っておきます。
絹ごし豆腐は水からあげ、キッチンペーパーに水気を吸わせておきます。
は全てを合わせて混ぜておきます。
水と片栗粉で水溶き片栗粉を作っておきます。
  


  
2)材料を炒めます。

深めのフライパンを弱火にかけ、サラダ油、しょうが、にんにく、長ネギを入れて油に香りをうつします。


  
ひき肉を入れて中火で軽く炒め、その後新玉ねぎも加えて更に2〜3分炒めたら軽く塩コショウします。


  
3) 味付けをします。
酒、コチジャンの順に入れ、全体にコチジャンが絡む程度に炒めます。
そこに【A】を加え、煮立ったら水溶き片栗粉を入れとろみをつけます。

  
4) 豆腐を加え仕上げます。
水気を切っておいた豆腐をそのまま入れ、適度な大きさにヘラで押し切っていきます。

5) 仕上げます。
軽く混ぜてもう一度煮立たせ、仕上げに山椒とごま油を回しいれ、長ネギ(青い部分)も入れます。豆腐は崩れてもあまり気にせずに。

  

6) 器に盛ります。
器に盛りつけて完成です。
辛めがお好きな方は、七味唐辛子を最後にトッピングがおすすめです。

  

まとめ

  

  
今回は奈良県天理市の西前さんの新玉ねぎを届けていただきました。

辛味が少なく甘みもあり、サラダ向きのイメージのある新玉ねぎ。

一般的な玉ねぎは日持ちを良くさせるために収穫してから1ヶ月ほど乾燥させて出荷したものですが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷するため、皮が薄く、身の水分が多くてやわらかいという特徴があります。

そして新玉ねぎは栄養も豊富。水に溶け出す成分も多いので、水にさらさずに20分程度空気に触れさせて辛味成分を飛ばす方法で調理するのもおすすめです。

栄養たっぷり甘みと旨みたっぷりな旬な味わいをお楽しみください♪

2017.06.14

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ