本当に美味しい野菜、お届けします。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ログイン

喉にも嬉しい!青首大根とリンゴ、しょうがのホットスムージー 料理レシピ

2017.02.14

blog_danshi29_01 小野さんの大根ならではの優しい甘さが魅力です

このスムージーはなんといっても大根の甘さが美味しさの秘訣。
そのままかじっても抜群な甘みを感じる大根なので、余計な調味料を加える事なく仕上げています。
また最初に加熱をせず、全部の手順が終わってからレンジで温める事で、シャキシャキした食感を活かしています。
しょうがとの合わせ技で身体が温まって、喉にもやさしいこの時期にぴったりのホットスムージーです

材料(2杯分)

・青首大根         5㎝程度
・リンゴ          1個
・しょうが(すりおろし用) 1片
・水            100ml

 

①大根とリンゴは皮を剥いておき、撹拌しやすい大きさにカットします。
カットが大き過ぎるとミキサーに負担がかかるので、最低でも2㎝角程度がいいでしょう。
しょうがもすりおろしておきます。

blog_danshi29_02

リンゴは飾り用に少量とっておきましょう

②ミキサーに大根とリンゴ、水を入れて回していきます。
固形が多いと混ざりにくいので、少量ずつ投入しましょう。

blog_danshi29_03

リンゴの変色が気になる場合は、レモン汁を少量いれた水につけておきます

③きれいに混ざりきったら耐熱容器に移して、レンジで温めます。
30秒温めたら一旦取り出してまぜ、追加でまた30秒が目安です。

 

④しょうがをのせてよく混ぜ合わせれば、ホットスムージーの完成です!

 

まとめ

blog_danshi29_00

しっかりと身のつまった、白と黄緑が美しい青首大根です

徳島県阿波市の小野さんから届いた青首大根、その甘さは想像以上のものでした。
シャリシャリとした食感とその甘みは、リンゴや梨を思わせるような味わいです。

生で食べれば水分補給に、火を入れれば身体を温める食材に早変わり。
ですが、なんといっても特筆すべきは100gあたりの18kcalというそのカロリーの低さです。
しかも消化を助けてくれる酵素のアミラーゼやリパーゼも含まれているので、健康的なダイエットには外せない食材なんです。
小野さんの青首大根の甘みを活かしたレシピ、ぜひ色々試してみてくださいね!

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。


こんな記事もおすすめ