ご飯のお供にお酒の肴に!中華風♪春大根と鶏肉の甘辛煮


煮ても美味しい春大根。鶏肉と一緒に中華風の煮込みにすれば、ご飯のお供に♪お酒の肴に♪オススメの一品です。
 
材料<2〜3人分>

春大根・・・400g
鶏もも肉・・・1枚(約300g)
長ネギの葉部分・・・10cm
しょうが・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ1

片栗粉と水・・・各小さじ1
ごま・・・適宜

【A】
水・・・300cc
昆布だし・・・小さじ1
鶏ガラスープ又は中華スープの素・・・小さじ1
酒・・・大さじ2
ウスターソース・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
 
◆作り方

1)材料をカットします。
大根を3センチ程度の輪切りにし、皮をむいて4つ切りにします。
鶏肉は少し大きめのひと口大に切っておきます。


2)大根を下茹でします。
米のとぎ汁(水でも良い)に入れ、煮立ったら弱火にして約15分茹で、ザルにあげ水気を切っておきます。米のとぎ汁を使った場合は大根の表面を軽く水で洗ってください。
 

3)オリーブオイルに香りを移します。
長ネギは縦に切り(香りを移した後で取り除くので大き目で良い)、生姜は千切りにし、フライパンにオリーブオイルと長ネギ、生姜を入れて弱火にかけ香りを移します。
 

4)鶏肉を焼きます。
フライパンが熱くなったら鶏肉の皮目を下にし、きつね色になったら裏返し、両面を焼きます。(この焦げ目が旨味にかわります♪)
 

5)ことこと煮込みます。
鶏肉に焼き色がついたら【A】を全て混ぜ合わせた煮汁を加え、煮立ったらネギを取り除き大根を加えて落としぶたをし、中火で15分煮込みます。アクがでたらこまめにとってください。

 


6)とろみをつけます。
煮汁が半量になる程度まで煮込んだら片栗粉と水を合わせたものを入れ、とろみをつけらたもう一煮立ちさせて全体を馴染ませます。

 

7)盛り付けて完成です。
お皿に盛り付け、仕上げにゴマを振りかけて出来上がり。
お好みで一味唐辛子をかければお酒のアテにもオススメです。
 

レシピまとめ


 
冬に比べて細く、少し辛味が強めですがとても瑞々しい大根です。
因みに冬大根と呼ばれるのは、9月〜10月に種をまいて12月〜3月に収穫されたものです。冬の寒い間凍ってしまわないように糖分をため込むので、春大根に比べて甘みが強い大根です。
 
春大根は柔らかくて水分が多いことが特徴です。生でも火を通しても瑞々しいのでどんなお料理にも合います。いろいろな調理法でお楽しみください♪

2017.05.31

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ