もものすけを味わい尽くす!焼き厚揚げのかぶおろしがけ

blog_saeco07_07

葉も実も丸ごと食べられる居酒屋風メニュー!
砂糖やみりんを使わなくても、もものすけのおろしは甘味が強くて美味しいです。

◆材料 ≪4人分≫

・もものすけ…1個
・厚揚げ…2枚
・ちりめんじゃこ…大さじ2
・ごま油…小さじ1
・醤油…小さじ1
・酒…小さじ1
・白胡麻…少々

 

◆作り方

1)もものすけは皮を剥いて実の部分をすりおろし、葉の部分は1㎝幅に切ります。

blog_saeco07_08

2)フライパンにごま油を熱し、葉とちりめんじゃこを炒めます。油が馴染んだら酒と醤油を入れて炒め、フライパンから取り出します。

blog_saeco07_09

3)同じフライパンで厚揚げを表面を押し付けながら焼きます。両面に焼き目がついたらフライパンから取り出し、キッチンペーパーで油を軽く抑えます。

blog_saeco07_10

厚揚げは、焼いた後キッチンペーパーで油をふき取ることで油抜きできます。

4)厚揚げは2㎝幅の短冊切りにして器に並べ、2)、かぶおろしを乗せ、白ごまをかけて完成です。

 

まとめ

blog_saeco07_00

兵庫県明石市の後藤さんからサラダ蕪・もものすけが届きました!
皮が桃のようにするりと剥けるのが「もものすけ」の由来だそうです。
とても甘くてジューシーで、野菜というよりフルーツのようなもものすけ。
「サラダ蕪」というとおり、生のサラダで食べるのが一番おすすめですが、マリネやおろし、漬物などにしても普通のかぶより甘味が強くてとても美味しいです。
ぜひ試してみてくださいね!

2017.03.01

  • 書いた人:saeco

    フードコーディネーター/フードスタイリスト

    料理撮影のスタイリングをはじめ、レシピ開発、ケータリング、料理教室、テーブルコーディネートなど、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。
    素材の味を活かした簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。

    http://www.studio-3s.com/

こんな記事もおすすめ