ご飯が絶対必用になる濃厚な味の高菜と牛肉のコチュジャン炒め


 

レシピのポイント


ご飯にのせて食べたいピリ辛な炒めもの。
コチュジャンの辛み、牛肉の旨みと高菜の甘み、コク、ほんのり苦みがちょっと大人の一品です。

 

材料(約2人分)


高菜       4〜5枚
牛肉       100g
コチュジャン    大さじ1
酒        大さじ1
みりん      大さじ1
ウスターソース  大さじ1
白ごま      適宜

 

レシピ

手順 1


高菜はざく切りに、牛肉は食べやすい大きさにカットしておきます。

 

手順 2


ボウルにコチュジャン、酒、みりん、ウスターソース、牛肉も入れて揉み込みます。

 

手順 3


フラパンを中火にかけ、牛肉とつけだれを入れて軽く火が通ったら高菜も加えて強火で1分ほどさっと炒めたら完成です。器に盛ったら仕上げに白ごまを振りかけて召し上がれ♪

 

味付けなしでもコクと甘みがある厚い中川さんの高菜

愛知県の中川さんからちか「高菜」を送っていただきました。

葉の部分のピリリとした辛み、後から広がる苦み、茎の部分には甘みと旨みがギュッとつまっています。
油との相性も抜群なので炒め物にもおすすめです。
加熱してもしっかりと苦みと旨みが感じられるので、ごま油やスパイスと合わせたり、個性の強い食材と一緒に調理しても負けません。大人な味付けの一品がおすすめです。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

ココノミの野菜情報
中川さんの高菜(愛知県産)
漬け物のイメージが強い野菜ですが、炒め物やスープにもとても合います。            特に葉っぱの付け根のコブが品種です。
中川さんの高菜(愛知県産)を詳しく見る

2019.04.02

こんな記事もおすすめ