優しい甘みとチーズのコク♪ホワイトコーンの真っ白リゾット


※ホワイトコーンが口の中ではじける度に、程よい甘さが広がります

レシピのポイント

一見真っ白なのですが、一口食べてみるとホワイトコーンに玉ねぎ、アルデンテのお米と様々な食感が楽しめるリゾットです。
にんにくの香りが食欲を刺激し、ホワイトコーンの甘みとチーズのコクがなんともいえない旨味になります。

一手間かけてもいいからもっと美味しいものを、という方は、水のかわりにホワイトコーンの芯で出汁をとったものと使うと、さらに香りと甘みが豊かなリゾットになります。

芯を水から茹でて灰汁を取りながら15分、あら熱が取れたらそのまま冷蔵庫で一晩寝かせると、スープで飲めるような出汁が取れますよ。

材料(2〜3人前)

ホワイトコーン   1本
たまねぎ      1/2個
にんにく      2片
生米        1合
水         300〜350cc
生クリーム     50cc
コンソメキューブ  1個
パルメザンチーズ  大さじ2
オリーブオイル   大さじ2
塩こしょう     適量

レシピ

手順 1

にんにくは薄くスライスし、玉ねぎはみじん切りにしておきましょう。

手順 2

深めの鍋にオリーブオイルをひき、にんにくを弱火で炒めていきます。
にんにくに色がついてきたら取り出しましょう。


※にんにくに火が入る過ぎると苦くなるので、きつね色になる手前であげておきます

手順 3

同じ鍋で玉ねぎを炒め、透明になってきたら生米を入れてさらに炒めます。
お米が透き通ってきたらホワイトコーンを入れ、水300cc、コンソメキューブ、生クリームを入れて煮込んでいきます。


※フチが沸くまでは中火で、その後は弱火で10〜15分です
 

手順 4

鍋の中の水分が無くなったら、少し味見をしてみます。
米の芯が固すぎれば、追加で50ccの水を入れてさらに煮込みましょう。

 

手順 5

アルデンテの食感米を噛んでみて、ほんの少し芯を感じるくらいになっていれば、塩こしょうで味を整えてから火を止め、パルメザンチーズを入れてかき混ぜます。
 

手順 6

器にリゾットを盛りつけ、取り出していたにんにくをのせれば完成です。
お好みでパセリやオレガノ、パルメザンチーズ等をのせてご賞味ください。
 

葉酸も豊富なホワイトコーン

※一粒一粒が口の中ではじけるくらいに新鮮です

とうもろこしには脂質が多く含まれていますが、その大半はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸。
悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。

さらに妊婦さんに嬉しい栄養素、葉酸も豊富なんです。

ホワイトコーンは黄粒種のコーンと比べて育てるのが難しく、希少な野菜です。
糖度が高く、皮も比較的うすいので生でも食べることができますが、加熱することでより美味しくなります。
兵庫県明石市の後藤さんが精魂込めて作ったホワイトコーンは鮮度が命なので、出来るだけ早くご賞味くださいね。

2017.07.21

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ