風邪をひいた時におすすめのなめこのあんかけ豆腐

お鍋ひとつで簡単に作れます!喉が痛くて食欲がないときや、風邪をひいたときにもおすすめの優しい味のおかずです。

お鍋ひとつで簡単に作れます!喉が痛くて食欲がないときや、風邪をひいたときにもおすすめの優しい味のおかずです。

<材料>(2人分)

・絹ごし豆腐…1丁(木綿でもOKです)
・なめこ…1/2パック
・油揚げ…1/2

*顆粒だしの素…小さじ2
*水…100cc
*めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ1と1/2

◎片栗粉…大さじ1
◎水…大さじ1

・薬味ねぎ…適量

 

⑴なめこをさっと水洗いします。油揚げは軽く油抜きをしておきます。鍋に*を入れて火をかけ、煮立ってきたら油揚げとなめこを加えて中火で3分ほど煮ます。

⑵豆腐は水切りをしておきます。水切りをした豆腐を2cm角程度に切り、⑴の鍋に入れて再び煮立たせます。煮立ってきたら最後に天かすを加え、◎(片栗粉を同量の水で溶いたもの)を全体に回しいれてとろみをつけます。

⑶器に盛り付けて、薬味ねぎを散らせて出来上がりです!

なめこと豆腐の相性が抜群に美味しい、ほっとする一品ができました。こちらも先ほどのレシピと同様にシンプルな味付けなので、幅広くアレンジできますよ。お出汁を倍量にして、うどんやそばにアレンジすると主食にもなります。ぜひいろいろ試してみてくださいね。

 

まとめ

奈良県十津川産の生なめこが届きました。

奈良県十津川産の生なめこが届きました。

ぬめりが特徴のなめこ。ぬめり成分の正体であるムチンは、粘膜を保護する役割があるので風邪や感染症の予防に役立ちます。これから乾燥の季節になるので、ぜひ献立に取り入れたい食材です。

今回使う奈良県産十津川の「生なめこ」は、スーパーなどでよく販売されているパックのものと違い、かさの部分が大きく肉厚で、食べ応えのあるなめこでした。このなめこではしっかりとした食感があるので、なめこを使った料理では定番の汁物以外のメインのおかずにもぴったりです。

なめこの豊富な栄養素を逃さず美味しくいただけるレシピ、ぜひ作ってみてください。

2017.02.07

  • 書いた人:tomo

    大阪府在住の主婦。娘の子育てに奮闘中の新米ママです。美味しいごはんを食べること、作ることが大好き。
    「元気が出るおいしい食卓」をモットーに、毎日キッチンに立っています!
    献立やお弁当をInstagram(@mochico_kitchen)にて記録しています。

こんな記事もおすすめ