時短&簡単!足つきなめこの濃厚チーズリゾット

blog_danshi27_07

チーズの香りとなめこの歯ごたえが食欲をそそるリゾットです。
本来は生米から炒めますが、冷やご飯を使うことで時短&簡単に作れます。

材料も、粉末状のパルメザンチーズにたまねぎ、にんにくと冷蔵庫にあるものでできちゃいます。
濃厚なリゾットがお好きなら、水を牛乳に変えても美味しいですよ。

残った冷やご飯を使ったアレンジレシピで、お昼ごはんに最適です。

材料(2人前)

・足付きなめこ        1株
・冷やご飯          軽く2杯分
・たまねぎ          1/2個
・にんにく          1片
・お好みの香草(今回はディル)適量
・オリーブオイル       大さじ1
・パルメザンチーズ      大さじ5
・水または牛乳        200ml
・コンソメキューブ      1個
・塩こしょう         適量

 

①なめこは下処理をしておきます。
たまねぎとにんにくは、みじん切りにしておきましょう。

blog_danshi27_08

ソテーの時と同じように、リゾットも手早さがポイントです

②鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ、中火で熱します。
香りが出てきたら、たまねぎを加えて炒めましょう。
火が通って透明になれば、水とコンソメをいれて沸騰させます。

blog_danshi27_09

牛乳を使う場合は沸騰すると分離するので、鍋から目を離さないように

③煮立ったところにご飯となめこをいれて、焦げないように弱火にします。
とろみが出てきたらパルメザンチーズを混ぜ合わせ、塩こしょうで味を整えれば完成です!
お好みでディルやバジル、イタリアンパセリをトッピングしてくださいね。

 

まとめ

blog_danshi27_00

奈良県は十津川村で育てられた、岡本さんの足付きなめこが届きました!

なめこはぬめりが強く、調理するのが少し億劫かもしれません。
しかし手順さえ間違えなければ簡単に下処理できるのです。
注意すべきは、なるべく水に濡らさないこと。
それだけで処理の手間は格段に楽になりますよ!

みそ汁や、なめこおろしといった食べ方が代表的ですが、洋風にアレンジしてもとっても美味しく食べられます。
味はもちろん、美容にもよい岡本さんの無農薬なめこ。余す事なく楽しんでくださいね。

 

2017.02.06

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ