ふわりと広がる甘みと苦味♪かき菜とあさりのボンゴレビアンコ


 

レシピのポイント


甘みと旨みたっぷりのかき菜とあさりを使った春を感じるパスタです。
にんにくと唐辛子とあさり出汁とあわせたほんのり苦みのあるかき菜は大人の味わい。
白ワインにもぴったりです♪

 

材料(約2人分)


かき菜      4本
あさり      100g
パスタ      160g
にんにく     1片
唐辛子      1本
オリーブオイル  大さじ2
白ワイン     50cc
粗挽きこしょう  小さじ1/2
塩        適宜

 

レシピ

手順 1


かき菜は食べやすい大きさにカットしておきます。
にんにくはみじん切りに、唐辛子は種をとってスライスしておきます。

 

手順 2


フライパンににんにく、唐辛子、オリーブオイルを入れて弱火にかけ、にんにくがきつね色になるまでじっくり加熱します。

 

手順 3


にんにくが色づいたらあさりと黒こしょうを入れて軽く炒め、そこへ白ワインを入れて蓋をしてあさりの殻が開くまで蒸し、更に白く濁るまでじっくりと煮ます。

 

手順 4


パスタを規定時間より1分短く茹でます。残り1分になったらかき菜も一緒に入れて茹でます。

 

手順 5


あさりの入ったフライパンを強火にかけ、茹で上がったパスタとかき菜、茹で汁を100cc
加えて更に全体が乳化するイメージでしっかりと混ぜ合わせ、塩で味を調えたら完成です。

 

甘みと苦みがよく合う◎

兵庫県の関根さんから「かき菜」を送っていただきました。

甘みと旨みが濃く、とても力強い味わいのお野菜。
茹でた後の茎の甘みはとてもジューシーでほんのり苦みが大人の気分です。
蒸したり茹でたりスープにしたりと、たっぷりの水分と一緒にお料理するのがお気に入りです。

濃い味わいはごま油やスパイスと合わせたり、個性の強い食材と一緒に調理しても負けません。
ちょこっとクセのある大人な味付けの一品もおすすめです。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
関根さんのかき菜(兵庫県産)
関根さんのかき菜(兵庫県産)を詳しく見る

2019.05.16

こんな記事もおすすめ