スイスチャードをロールキャベツ風にして楽しむ


キャベツの代わりにスイスチャードを使うことで、彩りよくかわいい一品になりました♪

◆材料 <2人分>
スイスチャード・・・6枚(大きめのもの)
合挽き肉・・・150g
玉ねぎ・・・30g
しいたけ・・・30g
にんじん・・・30g
オリーブオイル・・・大さじ1
パン粉・・・30g
玉子・・・1個
塩コショウ・・・少々
醤油・・・小さじ1

顆粒昆布だし・・・小さじ1
水・・・1カップ
ケチャップ・・・50g

・粉チーズ・・・お好みで
・黒コショウ・・・お好みで

◆作り方
材料を準備します。
玉ねぎ、しいたけ、にんじんはみじん切りにし、オリーブオイルを敷いたフライパンて玉ねぎがしんなりするまで炒めておきます。
スイスチャードは沸騰したお湯で30秒程度下茹でしておきます。


たねを作ります。
炒めた玉ねぎ、にんじん、しいたけはあら熱を取り、合挽き肉、玉子、パン粉、塩コショウ、醤油と一緒に合わせて粘りが出るまでよく混ぜ合わせ、6等分にしておきます。


たねを巻きます。
茹でておいたスイスチャードの葉先部分にたねを乗せ、巻き込みます。左右の葉を内側に巻き込みながら茎部分までしっかりと巻いて包んでいきます。


鍋で煮込みます。
同じ要領で6個巻き込み鍋に並べます。そこに水と顆粒だし、ケチャップを合わせた煮汁を加えて中火にかけます。煮立ってきたら落し蓋をして更に弱火で15分程度煮込みます。


盛り付けます。
器に盛り、仕上げにお好みで粉チーズと黒コショウを振りかけて完成です。

まとめ

今回は兵庫県丹波市の生産者、井上さんのスイスチャードを届けていただきました。

スイスチャードは和名で「不断草」や「うまい菜」とも呼ばれています。
ほうれん草に似た味わいで、調理法もその色合いをいかして生のままで食べるのはもちろん、おひたしや煮物、ソテーなど加熱して食べても美味しいです。

そのカラフルな彩りで華やかな食卓にしてくれるスイスチャード。一品に加えてみてはいかがでしょうか♪

2017.06.29

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ