ちょっと大人向けな柚子胡椒がポイントの大根菜と蒸し鶏の和風パスタ

 

レシピのポイント


大根菜のほんのり苦みとゆずこしょうの爽やかな香りと辛みが美味しいちょっと大人向けの和風パスタ。
白ワインとの相性も◎なひと品です。

 

材料(約2人分)


大根菜        4束
鶏胸肉(又はささみ) 100g
パスタ        200g

ゆず胡椒       小さじ1
鶏ガラスープの素   小さじ1
オリーブオイル    大さじ1

酒          大さじ1
昆布だしの素     小さじ1/2

 

レシピ

手順 1


蒸し鶏を作ります。
小鍋に鶏胸肉と酒、昆布だしの素を入れて蓋をし、弱火で5分蒸します。
火が通ったのを確認して火を止め、あら熱を取っておきます。

 

手順 2


大根菜は水で洗ってから5cm程度に切っておきます。
蒸し鶏は食べやすい大きさにほぐしておきます。

 

手順 3


パスタを規定時間茹でます。
残り20秒になったら大根菜も加えて一緒に茹で、時間になったら湯から上げます。
このとき、茹で汁を大さじ2とっておきます。

 

手順 4


ボウルに茹でたパスタと大根菜、茹で汁大さじ2、蒸し鶏、ゆず胡椒、鶏ガラスープの素、オリーブオイルを加えて、オリーブオイルと茹で汁を乳化させるイメージでしっかりと和えたら完成です。

 

生のままでも楽しめる高橋さんの大根菜


大阪府の高橋さんから元気な「大根菜」を送っていただきました。
大根の香りとシャキシャキの食感が楽しめるお野菜。
生のままでも楽しめるのでサラダに加えたり、浅漬けももちろんおすすめです。
加熱するときは大根の香りを残すために「さっと火を通す事」がポイントです。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
高橋さんの大根菜(大阪府産)
すっきりとした大根の香りが楽しめる高橋さんの大根菜。細かく切ってつくねや肉団子のアクセント、定番のご飯に和えるのがオススメです。
高橋さんの大根菜(大阪府産)を詳しく見る

2018.12.05

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ