朝食にもデザートにも!焼き柿の全粒粉ガレット

生地の香ばしさ、柿の甘さ、はちみつのコク、シナモンの香りが渾然一体となり、 朝から幸せな気分になれる味! 生地の香ばしさ、柿の甘さ、はちみつのコク、シナモンの香りが渾然一体となり、
朝から幸せな気分になれる味!

ガレットと言えばそば粉ですが、そば粉なんて簡単に手に入らない……。
ということで、全粒粉を使ったガレットです。

全粒粉は簡単に言えば精製をしていない小麦粉で、鉄分や植物繊維が小麦粉のおよそ3倍と健康にもいいのです。
さらに今回は、いなだ養蜂園さんの蜂蜜と合わせ美容にも免疫力の向上にも持ってこい!

柿に火を通すことで表面は熟したような甘さ、中身は新鮮な歯ごたえを保ったままと、2つの味を楽しめる仕上がりになっています。

材料(2人前)

・柿      1個
・バター    10g
・はちみつ   適量
・シナモン   お好みで

ガレット生地
・全粒粉    40g
・牛乳     50ml
・水      50ml
・卵      1個
・塩      ひとつまみ
・オリーブオイル 少々

 

①ボウルに卵を入れ、泡立て器でよく混ぜます。
そこに牛乳と水、塩ひとつまみにオリーブオイルを入れ、また混ぜ合わせます。

②全粒粉を振るいながら①に入れ、さらに混ぜます。
混ざり合ったらガレット生地の完成です。

粉を振るうと最後に殻が残りますが、入れるかどうかはお好みで。あまり全粒粉を食べ慣れていなければ、入れないようにした方がベターでしょう

粉を振るうと最後に殻が残りますが、入れるかどうかはお好みで。あまり全粒粉を食べ慣れていなければ、入れないようにした方がベターでしょう

③柿の皮を剥き、ヘタを取って16等分にします。
フライパンにバターをひき、柿を焼きます。
火の通し加減は中火で焦げ目がつく程度。
両面に焼き目がつけば、取り出します。

ここで使ったバターをガレットを焼く際にも使用するので、少し多めでも大丈夫です

ここで使ったバターをガレットを焼く際にも使用するので、少し多めでも大丈夫です

④柿を取り出したら生地を焼きます。
火加減は強目の中火で一気に焼きましょう。
ボウルの半分量をフライパンに流し込みます。
比較的早く火が通るので、生地を流し込んだらすぐに柿をのせるように。
香ばしい香りが立ってきたら、端をめくって焼き加減を確認します。
ちょうどいい感じに焦げ目がついていたら火を止め、ヘラで生地の端を折り畳みましょう。

⑤生地に火が通ったのを確認して皿に移します。
蜂蜜とシナモンをかければ、焼き柿の全粒粉ガレットの完成です!

 

まとめ

色ツヤともに満点の小林さんの柿

色ツヤともに満点の小林さんの柿

「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」と正岡子規が詠んだ通り、柿は秋の代名詞でもあります。
良い柿は均一に色が染まり、身とヘタがつまっていてずしりと重いもの。
今回届いた小林さんの柿はまさにそのもの!
サクッとした食感と独特の甘みはもちろんそのまま食べても美味しいですが、それだけではつまらない!
というわけで今回は、柿の良さをもっと引き出せるような新しいレシピを提案してみました。

 

2016.11.22

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ