あっさりと上品な味の揚げ出し豆腐のこごみとしめじの銀あん

blog_saeco23_00

ヘルシーでボリュームたっぷりのあんかけ揚げ出し豆腐です。
こごみの味を味わうため薄味のあんと一緒にいただきます。
 
◆材料 ≪2人分≫
・木綿豆腐…1丁(350g程度)
・こごみ…1/2袋
・しめじ…1/3パック
・大根…2~3㎝
・生姜…1/2片
・片栗粉…大さじ1
・小麦粉…適量
・揚げ油…適量
 
【A】
・だし汁…200ml
・みりん…大さじ1
・酒…大さじ1
・薄口醤油…小さじ1
・塩…一つまみ
 
◆作り方
1)こごみは固い部分を切り落とし、塩(分量外)を入れたお湯で1分茹で冷水で冷やしておきます。
木綿豆腐は重しをせずにキッチンペーパーで10分程度軽く水切りをし、食べやすい大きさに切ります。
しめじは石づき部分を切り落とし、大根と生姜はすりおろします。
 

blog_saeco23_01
※木綿豆腐は水切りしすぎないのがポイントです。また、小さめに切ると揚げ時間が短くて済み、あんと絡みやすくなります。
 
2)だし汁少々に片栗粉を溶きます。
【A】としめじを鍋に入れ、沸騰したらこごみを入れて弱火にし、片栗粉を溶いただし汁を入れて手早くかき混ぜます。
全体が混ざったら再度沸騰させ、だしが透明になるまで火にかけてとろみをつけます。
 
blog_saeco23_02
 
3)木綿豆腐の表面に小麦粉を付け、余計な粉ははたき落とします。
blog_saeco23_03
 
4)160~170度に熱した揚げ油で、表面がカリッとするまで3~4分揚げます。
blog_saeco23_04
 
5)器に木綿豆腐を盛り、上から温めておいたあんをかけ、大根おろしと生姜を添えて完成です。

 

まとめ

kogomi

三重県津市の實田さんから春の山菜・こごみが届きました!
こごみはクサソテツの若芽のことで、ワラビやゼンマイと見た目はよく似ていますが、違う山菜です。 
山菜といえば、アクが強くて下処理が大変なイメージがあるかと思いますが、こごみは比較的アクが少なくいろいろな調理方法でいただけます。 
春しか味わえないこごみ。ぜひ味わってみてくださいね。

2017.05.11

  • 書いた人:saeco

    フードコーディネーター/フードスタイリスト

    料理撮影のスタイリングをはじめ、レシピ開発、ケータリング、料理教室、テーブルコーディネートなど、料理と食空間に関わる分野で幅広く活動中。
    素材の味を活かした簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。

    http://www.studio-3s.com/

こんな記事もおすすめ