柚子胡椒が味の決め手!そら豆と豚肉の冷しゃぶパスタ


※大根おろしと七味でさっぱりと

 
そら豆の香りと豚肉の甘さが癖になる、和風の冷製スパゲティです。
隠し味は、豚肉を下茹でする際に使う昆布だし。
だしの風味と柚子こしょうが、ポン酢ベースの冷たいスパゲティによく合います。

 
このレシピのソースは、サラダや野菜のマリネにも使えるので、ぜひ色んな料理で試してみてくださいね。

 
材料(2人前)
・そら豆         1袋
・豚肉(切り落とし)   200g
・スパゲッティ      200g
・大根          適量

 
・オリーブオイル     大さじ3
・ポン酢         大さじ2
・柚子こしょう      小さじ2
・七味唐辛子       適量

 
豚肉下処理用
・粉末昆布だし      小さじ2

 

①そら豆は塩茹でしておき、薄皮を剥いておきます。
大根は好みの量をおろしておきましょう。

 
②沸騰したお湯1ℓに粉末昆布だしを入れ、豚肉を茹でていきます。
茹でる前に氷水を用意しておきましょう。
肉が固まりにならないように、ほぐしながら茹でて火が通ったら氷水で冷やします。

 

※下味がつくのと同時に、余分な脂が抜けるのでヘルシーです

 
③2ℓのお湯に対して20gの塩(分量外)を入れてスパゲティを茹でていきます。
規定の時間より1分長めに設定しておきましょう。

 
④その間にソースを作ります。
オリーブオイルにポン酢と柚子こしょうを入れ、泡立て器で撹拌します。

 

※混ぜ方が甘いと麺に絡みにくくなります

 
⑤茹であがった麺を流水で冷やし、水をよく切ったら②の豚肉、④のソース、そら豆をよく和えます。
器に盛りつけ、大根おろしをのせて七味をかければ出来上がりです。

 

まとめ


※柔らかい緑が初夏を感じさせます
 

そら豆は下処理の塩加減や茹で時間が難しい、と思っていませんか?
水1ℓに対して塩が大さじ1くらいと覚えやすい比率で、茹で時間は2〜3分と簡単に出来るんです。
茹で上がったら水にさらさず、うちわであおいで冷ましましょう。
また茹でる前に少し切り目を入れておくと、薄皮も剥きやすくなります。
 

そら豆にはミネラル分が豊富なので、だんだん汗ばんでくるこの時期にはぜひとも食べておきたい食材です。
しかも疲労回復に効果があると言われているにんにくよりも、ビタミンB1が多いんです。
徳島県阿波市の小野さんが丹誠込めて作ったそら豆、余す事なく味わってみてくださいね。

2017.05.30

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ