定年後に野菜作りを開始!香川県三豊市の無農薬無化学肥料農家の香川さんを再訪問

定年退職を機に、野菜作りをはじめた香川さん

今回ココノミスタッフが再訪問させていただいたのは、香川県三豊市で無農薬無化学肥料農家をいとなむ香川さんの農園です。訪問した日は冬の時期でまだ寒かったのですが、山に囲まれた香川さんの農園は空気がとても澄んでおり、すがすがしく感じられました。

元々はサラリーマンをされていた香川さんは、定年退職した平成23年から、この香川県三豊市で農業をはじめられたそうです。その際、香川県立農業大学の野菜コースで勉強をしながら、実際に有機農園で研修も行ったのだとか。

周囲は農家さんが少ないそうですが、定年前から興味があった野菜作りを、今では毎日楽しく行っていらっしゃいます。

心がけているのは、野菜がよろこぶ土作り

香川さんが野菜作りを行う上で心がけているのが、「野菜がよろこぶ土作り」です。緑肥やもみ殻、燻炭などの自然素材を使用し、自然に優しい土作りをすることで、野菜がよろこんで美味しく育つのだと教えて頂きました。

その他、肥料にしているのは牛糞堆肥や鶏糞など有機肥料を使用し、化学薬品や化学消毒、除草剤は一切使用していません。この自然に優しい土作りを基本にして、香川さんは今日も美味しく身体にも良い野菜を作り続けています。

香川さんが経験した野菜作りの苦労

定年退職後に農業をはじめた香川さん。野菜作りで苦労したことを伺ってみると、異常気象の話題に。

最近は、通常どおりに野菜を育てていると、異常気象の影響で被害を受けることが多いのそうだとか。対策として、苗を植える時期を早くしたり、遅くしたりするなど、タイミングをずらすことで、しっかりと収穫できるように計算しながら苗植えを行っているそうです。

また、レタスなどの葉野菜は虫がつきやすく、予防をしたり対策を行って、なるべく虫がつかないように日々努力しているそうです。虫がいるのは普通のことですが、虫食いの少ない野菜を育てるために頑張っていると語ってくれました。

香川さんが作ったオススメお野菜

最後に、香川さんが作ったお野菜の中で、オススメを聞きました。

まず、得意だとおっしゃるのが人参。実際にお客様から美味しかったと言われ、自信をもっているとのことでした。料理でも美味しいですが、ジュースにすると甘味が増してオススメなのだとか。現在、香川さんの農園では、オレンジや赤、黄色、黒など、さまざまな色のカラフルな人参を作っているそうです。

続いてはパクチー。ココノミのお客様や試食会で振る舞ったときも、市販で食べるパクチーとは全然味がちがい、香川さんのパクチーは美味しいと大好評でした。

また、今後はビーツも作っていきたいとのこと。ビーツはボルシチなどに使用されるお野菜で、紫色のかぶのような形をしていますが、実はホウレン草の仲間なのだとか。

ココノミでは、これからも香川さんが作る美味しいお野菜に密着していきます。

2018.02.21

こんな記事もおすすめ