シャキシャキ感を残したれんこんの塩麹とベーコンと合わせた塩きんぴら♪

 

レシピのポイント


塩麹を使った塩味のシャキシャキきんぴらです。

ベーコンの旨み、黒胡椒、ごま油で食欲増進!おつまみにもご飯のお供にも♪

 

材料(4人分)


れんこん     1本
ベーコン     50g     
サラダ油     大さじ1
塩麹       小さじ1
昆布だし(顆粒)  小さじ1
ごま油      小さじ1
粗挽き黒胡椒   お好みで
白ごま      お好みで

 

レシピ

手順 1


材料を準備します。

れんこんは薄くスライスして酢水にさらしておきます。

ベーコンは1cm幅程度にカットしておきます。

 

手順 2


フライパンにサラダ油とベーコンを入れ、中火にかけてこんがり焼き色が付くまで炒めたられんこんも加えて炒めます。

 

手順 3


れんこんにも焼き目が付き色が付きそうになったら昆布だしと塩麹を加えて混ぜ合わせ、仕上げにごま油をまわしかけて完成です。

お好みで黒胡椒、白ごまをふりかけて召し上がれ♪

 

「未来を見通す」として縁起物!れんこん


京都府の赤穂さんから縁起の良いお野菜「れんこん」を届けていただきました。

栄養もとても豊富でビタミンCと食物繊維もたっぷり。食卓でも馴染みの深い食材で、その穴が「未来を見通す」として縁起物としても知られています。

そして切り方や調理法によって色々な食感が楽しめるのも魅力の一つです。

生のままサラダや酢の物、炒め物、揚げ物、煮物、すりおろして蒸し物など。様々な調理法で美味しさを発揮します。

シャキシャキに仕上げたい時は繊維に沿って輪切りなどにし、酢水にさらしておきます。

変色を防いでシャキシャキの食感を残してくれます。

ホクホクとやわらかな食感に仕上げたい煮物などは繊維を断つ様にして切り乱切りなどにして水にさらしておき、ゆっくりと加熱します。

あまり長く加熱しすぎないこともポイントです。

すりおろすとトロッとした食感になり、お料理のとろみ付けにも使われ、すりおろした後に水分を切るともっちりした食感にもなります。

その形を活かしたお料理や、様々な調理法でいろんな美味しさを楽しみたいですね♪

 

2017.12.22

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ