まるでスイーツのような甘さ!バターナッツのオーブン焼き


果肉の甘みが、口の中でとろけるように広がります
 

レシピのポイント

バターナッツをじっくりと加熱することで、甘みを最大限に引きだしたレシピです。

クッキングシートを使えば調理に手間もかからないので、後片付けも簡単です。

バターナッツに合わせるのは、少し酸味のあるバルサミコソースとパルメザンチーズ。

醤油を入れて煮詰めることで舌に馴染みのよい味になり、パルメザンチーズとの好相性もよし。

あまり馴染みのない組み合わせかも知れませんが、ぜひ試してみてください。

 

材料(2人分)

バターナッツ     1/2個
バルサミコ酢     大さじ1
醤油         小さじ2
パルメザンチーズ   適量

 

レシピ

手順 1

バターナッツは良く洗って半分に切り、種を取ってから厚めにスライスしておきましょう。

※先にオーブンを180度で予熱しておきます。
 

手順 2

天板にクッキングシートを敷き、バターナッツを並べていきましょう。

シートの上に薄くサラダオイルをひくと、焼き上がりが取りやすくなります。

オーブンに入れて、様子を見ながら20~30分焼いていきます。

※焼き目が付き過ぎるようなら、アルミホイルをかぶせましょう

 

手順 3

バターナッツが焼けるまでの間に、ソースを用意します。

小鍋にバルサミコ酢と醤油を入れて煮詰めましょう。

中火で加熱し、少しとろみが出たら火を止めて別の容器に取り出しておきます。

※焦げ付きやすいので、様子を見ながら混ぜ続けます

 

手順 4

焼き上がったバターナッツを皿に盛りつけ、パルメザンチーズをふりかけます。
【手順 3】で作ったバルサミコソースを全体にかければ出来上がりです。
 

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴のバターナッツ


※独特の形と鮮やかな色味が目にも楽しい野菜です

ひょうたんのような見た目のカボチャ、バターナッツ。

繊維質が少なくねっとりとした食感が特徴で、ポタージュなどによく使われます。

生のままでも食べられるので、応用の幅が広く使い勝手のいい野菜です。

切ってみると瓜の様な爽やかな香りを感じ、オレンジ色の果肉が食欲をそそります。

そのオレンジ色の成分は、カロテノイドと呼ばれる栄養素です。

抗酸化作用がありアンチエイジング効果も期待出来るうえ、ビタミン類も豊富なので風邪の予防にも効果的です。

愛知県の竹内さんが育てたバターナッツのコクのある甘み、ぜひ味わってみてくださいね。

 

2017.11.14

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ