芳醇な香りに舌鼓!セロリアックとエリンギのバターソテー


バターを焦がさないのが成功の秘訣です

 

レシピのポイント

焼いたセロリアックは、まるでかぶのような食感になります。

バターを合わせることで爽やかな香りに奥行きがプラスされ、ブラックペッパーが心地よい刺激に。

一緒に合わせたエリンギもバターとの相性がいい食材でありながら、セロリアックの香りを邪魔しません。

最初は弱火で加熱することで、バターを焦がすことなくセロリアックに火が入ります。

火加減を強くするのはエリンギを入れてから。

エリンギがバターの油分を吸収してくれるので、焦げつきにくくなりますよ。

 

材料(2人分)

セロリアック    1個
エリンギ      2〜3本
バター       10g
白ワイン      大さじ1
塩         ひとつまみ〜小さじ1/4
ブラックペッパー  適量

 

レシピ

手順 1

皮をむいたセロリアックを半分に切り、1㎝弱の幅にカットします。

エリンギは斜めに、これも同じ幅に合わせて切りましょう。

※幅を合わせることで炒めやすくなります
 

手順 2

フライパンにバターを入れ、弱火で溶かします。

火が強いと焦げてしまうので気をつけてくださいね。


※ふつふつとしてきたら、溶け切る前に食材を入れましょう

 

手順 3

フライパンは弱火のままで、セロリアックを投入します。

満遍なくバターがなじむように炒めましょう。

※セロリアックにバターの香りをまとわせます

 

手順 4

エリンギを入れてから、火加減を強くします。

エリンギが油を吸ったら、白ワインと塩を入れてさらに炒めます。

水分が飛んだらブラックペッパーを加え、皿に盛りつければ出来上がりです。

 

ゴツゴツした外見からは想像できない、繊細な野菜セロリアック。

日本では根セロリと呼ばれるセリ科の植物、セロリアック。
あまり聞きなれない野菜ですが、ヨーロッパではとてもメジャーな野菜です。
ピュレ状にして肉類の付け合わせやサラダに使われることが多く、見た目とは相反する繊細な香りがします。

その香りの元はアピインという成分で、イライラを鎮める効果があります。
ビタミンやミネラルがバランスよく含まれており、食物繊維も豊富です。
長野県の細川さんから届いたセロリアック、心地よい歯ごたえと広がる香りを楽しんでくださいね。

 

2017.10.21

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ