生だとサクサク食感が美味しいミニ白菜と温泉卵のカルボナーラ風サラダ


 

レシピのポイント

生で食べてもサクサク食感が美味しいミニ白菜。もちろんサラダもおすすめです。
温泉卵とたっぷりチーズと黒胡椒のアクセントでカルボナーラ風に♪

 

材料(2人分)

ミニ白菜        200g
ベーコン        50g
きのこ         50g
たまご         1個
オリーブオイル     大さじ1

粉チーズ        大さじ1
塩コショウ       小さじ1/2
黒胡椒         適宜

 

レシピ

手順 1

材料を準備します。
ミニ白菜は長さ5cm、幅5mm〜1cm程度にカットします。

ベーコンも1cm幅にカットし、きのこ(今回はしめじ)はほぐしておきます。

温泉卵は鍋に湯を沸かし、沸騰したら火から降ろしてたまごを入れてそのまま10分したら出来上がりです。

 

手順 2

フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れて弱火で炒め、軽く焼き色がついたらきのこも入れて火が通ったらオイルごと冷ましておきます。

 

手順 3

ミニ白菜、炒めたベーコンときのこ、粉チーズ、塩コショウをボウルに合わせて混ぜ合わせます。

それを器に盛って真ん中に温泉卵を乗せ、粉チーズと黒胡椒をお好みでふりかけて完成です。

 

生のまま食べてもサクサクとした食感のミニ白菜

奈良県御所市の奥野さんから、とっても新鮮でミニ感が可愛らしい「ミニ白菜」を送っていただきました。

「ミニ白菜」はその名の通り小型の白菜です。

大きさは25cm程度で重さは1kg未満と、一回の食事で使いきれるくらいのサイズです。

一般的な白菜と比べて全体的に葉はふんわりと巻いていて、柔らかく、

生のまま食べてもサクサクとした食感で火を通すと、とても柔らかくなるのも特徴です。

炒め物やキムチなどの漬物、鍋物、サラダなど幅広い料理方法がおすすめです。

美味しいミニ白菜で冬のお料理を楽しみましょう♪

 

2017.11.09

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ