とろっとさせたズッキーニのにんにく味噌田楽が美味しい


※とろっとしたズッキーニが、香ばしいにんにく味噌とよくマッチします
 
田楽と言えば和食のイメージですが、にんにく味噌を使うと洋風の食材ともよく合います。
今回はこれからが旬のズッキーニを使ってみました。
 
ズッキーニはとろっとしながらも食感が残り、淡白な味わいがにんにく味噌の旨味を引き立てます。
もちろん茄子やこんにゃく、豆腐などの定番ネタを使っても美味しくいただけますよ。
 
材料(2人前)
・にんにく      3〜4片
・ズッキーニ     1本
・味噌        大さじ1
・みりん       大さじ1
・ごま        適量
 
①にんにく1片をすりおろし、味噌、みりんと合わせてにんにく味噌を作ります。
使う味噌によって甘みが違うので、好みで調節しましょう。
 
 
※もっとにんにくの味が欲しい!という方は、2片使うといいでしょう
 
②ズッキーニはヘタをカットし、半分にしてから味が染みやすいように切り目を細かく入れます。
にんにくを2片分、皮を剥いておきましょう。
 
③フライパンに軽く油をひき(分量外)、ズッキーニの切った面を下にして、まず3分ほど焼いて適度な焼き目をつけます。
火加減は弱めの中火で、にんにくも一緒に焼きましょう。
焼き目がついたらひっくり返し、蓋をしてさらに3分程度蒸し焼きにします。
 

 
※お箸がすっと刺されば、火が通った証拠です

④焼き上がったズッキーニを取り出して①のにんにく味噌を塗り、一緒に焼いたにんにくものせてグリルで焼き目をつけます。
火力にも寄りますが、大体4〜5分ほどでいいでしょう。

⑤綺麗に焼き目がついたら器に盛りつけ、ごまを散らせば出来上がりです!

まとめ

 

 

※夏バテ対策にもってこいの食材です
 
疲労回復といえばにんにく、というのは当たり前のようになっていますが、この効果を持つ栄養素がアリシン。
アリシンはにんにくの匂いの元となる成分でもあり、強力な抗酸化作用をもつとも言われています。
 
一番効果が出る調理法は、細胞が細かく潰されるすりおろしです。
調理してから時間が経ってしまうと香りの質が変化し、栄養素も揮発してしまうので、使う直前にするようにしましょう。
愛知県西尾市の今井さんが心をこめて作った新鮮にんにく、いろんな料理にぜひ活用してくださいね。

2017.06.06

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ