腸内環境の改善に!ヤーコンとキャベツのコールスロー

2種類のシャキシャキ感が楽しめるレシピです

 

レシピのポイント

キャベツは栄養が豊富ですが、食物繊維が意外と少ないのはご存知でしょうか。

そこで、食物繊維が多く含まれ、オリゴ糖も多く含まれるヤーコンを合わせることで、更に健康的な一皿に仕立てました。

コールスローを美味しく作るコツは、野菜の水分をきちんと切る事。

そのためキャベツは塩で水分を出し、ヤーコンは軽く茹でてから絞っています。

すりごまは余分な水分を吸ってくれるので、忘れずに入れてくださいね。

 

材料(2人分)

ヤーコン       1/2本
キャベツ       2〜3枚
マヨネーズ      大さじ2
レモン汁       小さじ1
砂糖         小さじ1/2
すりごま       適量

 

レシピ

手順 1

ヤーコンは厚めに皮を剥き、スライサーで薄くしてから千切りにしていきます。

切った後は変色を防ぐために、水につけておきましょう。

※茹でる時にアクが抜けるので、酢は入れなくても大丈夫です
 

手順 2

キャベツも千切りにしておき、塩をふって水分を出します。

しんなりしてきたら、キャベツを軽く流水で洗って塩を流します。

※この間に、鍋にお湯を沸かしておきましょう

 

手順 3

千切りにしたヤーコンを茹でます。

沸騰したお湯に入れて30〜40秒茹でてから、冷水にとって冷やします。

※茹で過ぎると食感が悪くなるので、気をつけましょう

 

手順 4

ヤーコン、キャベツをキッチンペーパーなどで包み、よく絞って水分を出しましょう。

ボウルにヤーコンとキャベツ、その他の調味料を入れ、よく混ぜ合わせれば出来上がりです。

冷蔵庫でしばらく寝かせると味が馴染んで、より一層美味しく召し上がれますよ。

 

ビックリするくらいの瑞々しさ!「ヤーコン」

※切ってみるとビックリするくらいの瑞々しさです

見た目はさつまいもそっくりですが、その食感は梨や大根をイメージさせる不思議な野菜です。

健康野菜と呼ばれるほどに栄養成分が豊富で、ビフィズス菌を活発にするフラクトオリゴ糖の含有量は野菜の中でもトップクラス。

ダイエット食品としても優秀で、低カロリーな上にポリフェノールも含まれています。

そのため少し渋みを感じることがありますが、酢水に浸けるだけで気にならなくなりますよ。

長野市の宮崎さんが作ったヤーコンの上質な甘みを、ぜひ堪能してください。

 

2017.11.03

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ