醤油とバターで鉄板の美味さ!こごみと海老のバターソテー

blog_danshi61_00
※醤油とバターの組み合わせは、もはや鉄板の美味しさです
 
アクが少ないこごみだからこそ、シンプルな調理法で食べたいものです。
今回は食感の違いをより楽しむ為に、海老を合わせてみました。
こごみのシャキシャキ感が、ぷりっとした海老と相まって、いくらでも食べられるレシピです。
 
手間のかからない料理は、下ごしらえで仕上がりが変わってきます。
海老の臭みはきちんと取り、炒める前に調味料を準備しておく。
その心がけがあるだけで、炒め物の出来映えは格段に良くなりますよ。
 

材料(2人前)
 
・こごみ     1袋
・むき海老    お好みの量で
・有塩バター   10g
・醤油      小さじ2
・小麦粉     大さじ1/2〜1
・塩       少々
 
①こごみはよく洗って根元の黒い部分をカットし、大きさを揃えて切っておきます。
 
blog_danshi61_01
※長さを合わせることで食べやすくなり、火の通りも均一になります
 
②海老は流水でよく洗い、塩で揉んで臭みを取ります。
軽く洗い流したら水分をよく拭き取り、小麦粉と塩ひとつまみを全体的にまぶしておきましょう。
 
blog_danshi61_02
※この一手間で海老の臭みが抜け、こごみの香りを感じやすくなりますよ
 
③フライパンを弱火で熱しながらバターを溶かしていきます。
海老についた余計な小麦粉を落とし、焼いていきましょう。
 
④海老の両面に焼き色がついたら強火にし、こごみを入れて手早く炒めます。
1分ほどでこごみがしんなりしてくるので、醤油を回しかけて香ばしさを出します。
水分が飛んだら火を止め、お皿に盛りつけて完成です!

 

まとめ

 
kogomi_shashin

※山菜の中でもアクが少ないので、調理しやすい食材です
 
こごみに含まれている不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を含んで満腹感を感じさせてくる、ダイエットにもってこいの食材です。
さらに体内の有害物質を吸着する性質もあり、デトックス効果も期待できる優れもの!
 
天ぷらやおひたしで食べる事の多いこごみですが、調理法次第でさらに応用が広がる食材です。
揚げてよし、煮てよし、焼いてよし、の三重県津市の實田さんから届いたこごみ。
ぜひとも、ご賞味ください。
 

2017.05.13

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ