春の香りを楽しむ!春菊のジェノベーゼパスタ

blog_danshi53_00

 
ジェノベーゼソースはペーストにしたバジルを使ったものですが、今回はその代わりに春菊を使いました。
春菊の香りと苦みとにんにくの辛味が効いた、春の味わいを存分に堪能できるパスタです。

 
春菊ペーストはパスタ以外にもよく合います。
パンに塗ったり茹で野菜に和えてサラダにしたりと、使い勝手も抜群ですよ。

 
材料(2人前)

・春菊         1握り(50g程度)
・スパゲッティ     2束(200g)
・カシューナッツ    30g
・にんにく       1片
・オリーブオイル    大さじ5
・パルメザンチーズ   大さじ1〜2
・塩          ひとつまみ
・ブラックペッパー   適量

茹で汁
・水          2ℓ
・塩          20g

 
①大きめの鍋に水と塩を入れ、茹で汁を沸かします。
春菊はよく洗って細かく刻んでおき、飾り用に少し除けておきましょう。
にんにくは薄くスライスします。

 
②ミキサーにオリーブオイルとカシューナッツ、にんにく、塩を入れてペースト状に。
綺麗なペースト状になったら春菊を投入し、さらに撹拌します。

blog_danshi53_01
※ペースト状になりにくければオリーブオイルを追加してみてください

③混ざりきったら大きめのボウルに移して、パルメザンチーズを入れます。

 

blog_danshi53_02
※パルメザンチーズはお好みで。入れ過ぎるともったりするので、茹で汁で調節してくださいね

③スパゲッティは表示通りに茹でておきます。

④茹で上がったスパゲティとお玉半分ほどの茹で汁を②に入れて、手早く混ぜます。
お皿に盛りつけてブラックペッパーを散らし、春菊を飾れば完成です!

 

まとめ

shungiku

※ストレス対策に、ぜひとも摂っておきたい食材です

 
春菊には独特の香りがありますが、なんと10種類以上の香味成分が含まれているそうです。
その中でもリモネンとα-ピネンは副交感神経を高め、自律神経を整える効果があると言われています。
新しい生活が始まって神経が疲れやすいこの季節には、とてもありがたい野菜です。

 
ただし注意点が1つだけ。
春菊は傷みが早いので、届いたらすぐに冷蔵庫に入れておいて下さい。
鮮度のいいものなので出来るだけ早く使うのが理想的ですが、保存する場合は立てておくようにしましょう。

 
和洋問わずに使える、徳島県阿波市の小野さんが育てた無農薬春菊。
ぜひご賞味くださいね。

2017.04.27

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ