イタリアンの定番エリンギのフリッタータ朝食にもぴったり!

冷蔵庫に入れておけば3日程もつので、夜に作っておけば次の日の朝食にもなります

冷蔵庫に入れておけば3日程もつので、夜に作っておけば次の日の朝食にもなります!

フリッタータはイタリアの料理で、前菜や軽い主食にも出される卵料理です。
本来はオーブンで作る料理ですが、フライパンでも出来ちゃいます。
弱火でじっくり火を入れていくので焦げる心配もありません。
たまねぎとジャガイモを一緒に入れていますが、冷蔵庫のあまり野菜でも問題なし!
良いサイズのフライパンさえあれば、だれでも簡単にできるレシピです。

材料(2人前/20cmのフライパンで)

・卵           4個
・エリンギ        2本
・ジャガイモ       1個
・たまねぎ        1/4個
・スライスチーズ     1~2枚
・塩こしょう       適量
・オリーブオイル     適量

 

①ジャガイモとたまねぎを細切りにします。
火の通りを均一にするため同じくらいの細さで切りましょう。
エリンギも同様に切りますが、上にのせる用に6枚ほどスライスしたものを残しておきます。

②フライパンにオリーブオイルをひき、野菜を炒めます。
先にたまねぎを炒め半透明になったらジャガイモを加え、エリンギは食感を残すため最後に入れます。
火が通ったら塩こしょうでしっかり目に味を付け、フライパンから取り出しておきます。

③フライパンを綺麗にし、弱火にした状態で再度オリーブオイルをひきます。
ボウルに卵と、ちぎったチーズを入れて混ぜ合わせます。
そこに先ほど炒めた野菜を加え、フライパンに流し込みます。

④最初は火が通りやすいように菜箸で少し混ぜますが、弱火でじっくりを心がけてください。
6~7分程するとフチの方から固まりはじめます。

フチの様子をよく見ると少しずつ焼き目がついてくるのが分かります。早めにひっくり返すと割れやすいので要注意

フチの様子をよく見ると少しずつ焼き目がついてくるのが分かります。早めにひっくり返すと割れやすいので要注意

⑤ある程度固まってきたら焼き目の確認をして スライスしたエリンギをのせましょう。
お皿を使ってひっくり返したら、弱火でしばらく火を通していきます。
3~4分ほどで火が通り香ばしい匂いがしてきたらお皿に移し、あら熱をとります。
適当なサイズにカットし、盛りつけて完成です!

 

まとめ

通常より時間をかけて熟成されるので旨味たっぷり

通常より時間をかけて熟成されるので旨味たっぷり

今回レシピに使用したのは、奈良県の山奥で育てられた長熟エリンギです。
十津川からの豊かな源流水で育ったこのエリンギは、太い足がしゃっきりとした歯触りを生み出し、野性味たっぷりの味わいが魅力です。

ところでエリンギには旬がない、というのをご存知でしょうか。
もともと日本に自生しておらず、人工栽培から広がった食材なので旬がないと言われているのです。
日本に入ってきてからの歴史も浅く、まだ20年ちょっと。

松茸やアワビに食感が似ていることから、その代用品として使われることもあります。
しかし認知度が広がり家庭で利用される頻度が増えてきた今、立派に「主役」をはれる食材になっています。
十津川のエリンギを一度でも味わってもらえれば、その意味を分かってもらえるはず!
というわけで、エリンギが主役のコース料理をイメージして作ってみました。

是非ともこのエリンギの素晴らしさを味わってみてください。

 

2017.02.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ