焼きナス(翡翠茄子)とミートソースのミルフィーユが簡単

ミートソースがナスに染み込み、トロトロの翡翠ナスと相まって格別の仕上がりに。 簡単に出来て見栄えがよいので、おもてなしにも。

ミートソースがナスに染み込み、トロトロの翡翠ナスと相まって格別の仕上がりに。
簡単に出来て見栄えがよいので、おもてなしにも。

<材料>(2人前)

•美〜ナス     1本
•ひき肉      100g
•トマトピューレ  100cc(フレッシュトマトの場合、小1玉)
•ニンニク     1片
•塩        適量
•こしょう     適量
•オリーブオイル  適量
•バジル      2~3枚
•添え野菜     適量(今回はプチトマトとベビーリーフ)

 

①ナスは厚めの輪切りにし、軽く塩をふってオリーブオイルで両面を焼きます。
焼き上がったら皿に移しておき、同じフライパンでミートソースを作ります。

②ひき肉は、牛肉・豚肉・合いびきに鶏肉、何でも合います。合い挽きや牛肉のひき肉であれば、油はいりません。鶏ひき肉の場合のみ、くっつかないように少量の油をひきます。
ポイントは、フライパンにひき肉をいれたらしばらく触らないこと。
そうやってすこし焦げ目をつけることで、ソースに香ばしさが加わり、味に深みがでます。
焦げ目がついたらひき肉を炒め始めます。
脂が多く出てくるので、キッチンペーパーなどで吸い取り、ひき肉に火が通ったら取り出します。

③そのフライパンに刻んだニンニクを入れ、しばらく炒め、香りが立ってきたらトマトソースと取り出していたひき肉を再度入れます。
今回はトマトピューレを使いましたが、刻んだトマトを使うと、またひと味違った出来上がりになります。
煮詰めて水分が半分程になったら、塩こしょうで味を整えてソースの出来上がりです。

④先に焼いておいたナスを皿の上におき、ミートソースと重ね合わせます。
飾りにナスとトマトと相性のいいバジルを添えて、完成です。
箸休め代わりに、プチトマトとベビーリーフを散らしています。

 

まとめ

肉厚でおおぶりな翡翠ナス。持った感じもずっしりとしていて水分たっぷり。

肉厚でおおぶりな翡翠ナス。持った感じもずっしりとしていて水分たっぷり。

今回使用したのは、心待ちにしていた徳島名産の美〜ナスです。
火を入れると実がトロトロになることから、トロナスとも呼ばれる美〜ナス。
よくスーパーで見かけるナスとは見た目も大きさも全然違います!

ナスは和食や洋食、中華を問わず何でも使える便利な野菜です。組み合わせ次第で相手を活かし、またナス自身も主役となってくれます。しかしこの翡翠ナスは甘み、柔らかさともに、格別でした。

今回は焼きナスにしましたが、麻婆ナスにしても、天ぷらにしても、格別な料理になることでしょう。

 

2017.02.06

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ