夏の冷たいスープ!ノーザンルビー(じゃがいも)のビシソワーズ


薄いピンクが可愛い冷製スープです
 

レシピのポイント

暑さで食欲が減っている時に飲みたい冷たいスープ、ビシソワーズのレシピです。

冷製なので一度作っておけば、朝にも夜にも手軽に食べられます。

温めて飲む場合は牛乳でのばすか、塩味を少し抑えておきましょう。

こってりしすぎないために生クリームをあえて使わず、バターで風味付けしています。

牛乳の代わりに豆乳を使うとさらにヘルシーであっさりとした味わいになりますよ。

 

材料(2人前)

ノーザンルビー         中2個
玉ねぎ             1/2個
バター(無塩・有塩どちらでも) 10g
水               200cc
牛乳              100cc
チキンブイヨン         1個
塩こしょう           適量
乾燥パセリ           適量 
 

レシピ

手順 1

ノーザンルビーは皮を剥いて5mmくらいのスライスにし、水につけておきます。

玉ねぎも同じようにカットしておきましょう。

※水にさらす時間は5分ほどで大丈夫です
 

手順 2

深めの鍋にバターを入れ、焦げないように弱火で玉ねぎを炒めます。

透き通ってきたらノーザンルビーを入れてさらに炒めましょう。

 

手順 3

バターが全体になじんだら水とチキンブイヨンを入れ、しばらく煮込んでいきます。

木べらでノーザンルビーが潰せるくらいになれば、煮込み終わりの目安です。

※火加減は弱めの中火で焦げ付かないように注意しましょう

 

手順 4

ノーザンルビーが煮崩れたら、しっかりとミキサーにかけてペースト状にします。

牛乳をあわせてよく混ぜ、塩こしょうで味を調えて粗熱がとります。

冷蔵庫でしっかりと冷やしたら器にいれ、パセリを散らせば完成です!

 

ムッチリとした食感が魅力のノーザンルビー

※中まで綺麗なピンクに色づいています

ノーザンルビーはメークインのように熱を加えても煮崩れしにくく、ムッチリとした食感が魅力のじゃがいもです。

加熱しても色が薄くならず全体が綺麗なピンクに染まるので、料理の彩りのアクセントにも使いやすい食材です。

ノーザンルビーがピンク色に見えるのは、中に含まれているアントシアニンのため。

アントシアニンは血流改善の効果もあると言われており、さらにはみかんと同じくらいのビタミンCも含まれています。

おかずはもちろんおやつやスープにも使いやすい、三重県津市の實田さんが作った無農薬のノーザンルビー、是非ご賞味くださいね。 

 

2017.08.31

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ