歯ごたえを楽しむアーリーレッドとガーリックチップスの和風サラダ

 
※国産にんにくならではの、魅力的な香りです
 
ガーリックチップスにおろしにんにくをプラスした、にんにくたっぷりサラダです。
醤油ベースのしっかりとした味付けですが、レモンの風味でしつこくなりすぎません。
 
アーリーレッドはスライスとみじん切りの2種類を使用にすることで、アクセントとドレッシングの繋ぎになっています。
水菜のシャキシャキ感とガーリックチップスのカリカリ、さらには2種の玉ねぎと歯ごたえが楽しめるレシピです。
 
材料(2人前)
・にんにく     3片
・水菜       半束
・アーリーレッド  1個
・オリーブオイル  大さじ4
・醤油       大さじ1.5〜2
・レモン汁     小さじ2
・砂糖       小さじ1
・ブラックペッパー 適量
 
①水菜は食べやすい大きさにカットし、アーリーレッドは半分を繊維に沿ってスライス、もう半分はみじん切りにしておきます。
にんにくは2つをスライスに、1つをすりおろしておきましょう。
 

 
※アーリーレッドの辛味が気になる方は、20分ほど空気にさらしておくといいでしょう
 
②フライパンにオリーブオイルを入れ、薄くスライスしたにんにくを入れて火をつけます。弱めの中火でじっくり火を入れていきながら、少し色がついて来たらキッチンペーパーの上に取り出しましょう。
 
 
※揚げ過ぎると苦みが出てしまうので気をつけてください
 
③ボウルにアーリーレッドのみじん切り、すりおろしにんにく、にんにくを揚げた時のオイルと調味料を合わせてドレッシングを作ります。
全体が馴染むように、よく混ぜ合わせましょう。
 
④水菜とスライスしたアーリーレッドをドレッシングによく絡ませ、皿に盛りつけます。
その上からにんにくチップを散らし、お好みでブラックペッパーをかければ完成です。

 

まとめ

 

 

※夏バテ対策にもってこいの食材です
 
疲労回復といえばにんにく、というのは当たり前のようになっていますが、この効果を持つ栄養素がアリシン。
アリシンはにんにくの匂いの元となる成分でもあり、強力な抗酸化作用をもつとも言われています。
 
一番効果が出る調理法は、細胞が細かく潰されるすりおろしです。
調理してから時間が経ってしまうと香りの質が変化し、栄養素も揮発してしまうので、使う直前にするようにしましょう。
愛知県西尾市の今井さんが心をこめて作った新鮮にんにく、いろんな料理にぜひ活用してくださいね。

2017.06.07

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ