とろーりとした優しい味わい♪大和芋のふわとろ天津丼


 

レシピのポイント


栄養満点ねばねば大和芋のすりおろしを混ぜたふわふわとろとろ卵の天津丼。
優しい味わいとあんかけとのコンビネーションが抜群です♪

 

材料(約2人分)


大和芋       50g  
たまご        2個
カニカマ       2本
ごはん        お茶碗2杯
スナップエンドウ   2本

▪あんかけ用▪
鶏ガラスープの素   大さじ1
砂糖         大さじ1
酒          大さじ1
醤油         大さじ1
酢          大さじ1
塩 ひとつまみ
片栗粉        大さじ1
水          100cc

 

レシピ

手順 1


大和芋はすりおろしておきます。
カニかまはほぐしておきます。
スナップエンドウは茹でて半分に割っておきます。

 

手順 2


鍋にあんかけ用の調味料を全て入れて弱火にかけ、とろみが付いてきたら火を止めます。

 

手順 3


ご飯を器に盛っておき、大和芋、卵、ほぐしたカニかまを混ぜ合わせ、サラダ油を入れて熱したフライパンに入れて手早くかき混ぜ、卵が半熟状態になったら火から下ろしてご飯の上に乗せます。

 

手順 4


そこへあんをかけスナップエンドウを乗せて完成です。
あつあつとろとろで召し上がれ♪

 

もっちりコクうま

徳島県の竹中さんからワイルドで力強さを感じる「大和芋」を送っていただきました。

生で食べるときはすりおろしてとろろにしてもちもちねばねばを堪能したり
シャキシャキ&ねばねば感を活かしてサラダや酢の物、和え物に。

つなぎに使うと仕上がりがふわっとなり美味しさ倍増です。

ねばねば好きにはたまらない♪お好みの調理法美味しくたくさんいただきましょう♪

 

ココノミの野菜情報
竹中さんの大和芋(徳島県産)
粘りが強く、濃厚な味が特徴です。余計な水分がない為、料理のつなぎにも使って頂けます。すりおろしてとろろや、短冊切りにして醤油と和えて食べるのもオススメです。ただ素手で調理する際は、大和芋に含まれる「シュウ酸カルシウム」によって痒くなる場合があるで、注意が必要です。
竹中さんの大和芋(徳島県産)を詳しく見る

2019.05.28

こんな記事もおすすめ