シャキシャキ食感でクセがないマコモダケを使った混ぜご飯


 

レシピのポイント

佐佐木さんのマコモダケを先に鶏肉と油揚げと一緒に味付けしておき、炊きたてのご飯に入れて混ぜご飯にしました。
具だくさんなのでおにぎりにするのもオススメです!

 

材料(2人分)

材料 分量
佐佐木さんのマコモ 2本
2合
鶏肉 200g
油揚げ 1枚
だし 300cc
大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
大さじ1/3

 

レシピ

手順 1

マコモは皮をむいて1cm角に切っておきます。鶏肉も1cm角に切っておきます。油揚げは縦半分に切った後、5cm幅に切っておきます。
お米は普段通りに炊いておきます。

 

手順 2

鍋にだし、酒、砂糖、みりん、しょうゆ、塩を入れて煮立たせ、そこに鶏肉をいれます。鶏肉に火が通ったら、マコモダケと油揚げを加えてふたをし、中火で約15分煮込みます。

 

手順 3

ご飯が炊けたら軽く汁気をきった2を混ぜ合わせて完成です!

 

 

シャキシャキ旨味たっぷり

広島県の佐佐木さんから珍しいマコモダケを送っていただきました。
切った際にマコモズミという黒い斑点がついている場合もありますが、そのまま食べられので安心して調理してください。
マコモダケは筍のような食感で、素焼きにして田楽や中華炒め、天ぷら、きんぴらなど様々な調理法で楽しむことができます。
ぜひこの機会にお試しくださいね♪

 

ココノミの野菜情報
佐佐木さんのマコモ(広島県産)
山の上から流れる水を使用しているため、他の田んぼの農薬を吸い上げる心配はありません。栄養的にも申し分なく、ナトリウム、カリウムのバランスが取れ、ビタミンC 、ビタミンB6、鉄、マグネシウム、カルシウム、タンパク質も含有しています。味もクセがなくきんぴら、味噌汁、中華炒め、炊き込みご飯、素焼き、天ぷらなど幅広くお使いいただけます。皮を向いてカットすれば、冷凍保存も可能です。台湾では家庭料理でも使われていますよ! 食感はエリンギのような感じです。
佐佐木さんのマコモ(広島県産)を詳しく見る

2019.11.06

こんな記事もおすすめ