ネバネバ&濃い味つけでご飯がすすむモロヘイヤと鶏肉の炒めもの


 

レシピのポイント

モロヘイヤのネバネバが美味しい炒め物のレシピです。
鶏もも肉の味付けはシーズニングを使っているのでお手軽ながらもしっかり濃い味付けにできました。
モロヘイヤを湯がく際は、葉の食感を残すために湯がき過ぎに注意しましょう

 

材料(2人分)

材料 分量
吉本さんのモロヘイヤ 1/2袋
鶏モモ肉 200g
チキンシーズニング 大さじ2

 

レシピ

手順 1

鶏モモ肉とチキンシーズニングを密閉袋に入れてよく揉み込んだら、2時間ほど冷蔵庫で寝かせます。

 

手順 2

モロヘイヤは茎と葉を分けて、沸騰したお湯で20秒ほど湯がきます。鍋からあげたら適当な大きさに切っておきます。

 

手順 3

熱したフライパンにサラダ油を敷いて、鶏モモ肉を焼きます。鶏肉に火が通ったらモロヘイヤを入れ、混ぜ合わせたら完成です!


 

 

香り良くつるり喉ごし

高知県の吉本さんから新鮮なモロヘイヤを送っていただきました。
茎がしっかりしていて、葉にハリ・ツヤのあるモロヘイヤで、加熱をしてもシャキッと食感が残っています。
湯がいた後に包丁で切ると粘りが出てきて、炒めもの以外にもおひたしや味噌汁にオススメです。

 

ココノミの野菜情報
吉本さんのモロヘイヤ(高知県産)
しっかりしたとろみが特徴の吉本さんのモロヘイヤ。栄養価が高く注目されているモロヘイヤは、お味噌汁にするのがオススメです。
吉本さんのモロヘイヤ(高知県産)を詳しく見る

2019.10.23

こんな記事もおすすめ