小松菜とひよこ豆の煮込みはクセがないのにクセになる!

blog_danshi24_08

小松菜とひよこ豆、ひき肉を使った煮込みです。
小松菜はクセが少ないので、どんな料理とも合わせやすいのが特徴。

煮込みにすればまた違う食感が味わえ、一度食べたらクセになってしまいます。
レモンの香りをプラスして、爽やかに仕上げています。

ひよこ豆はカレーやデリのサラダでよく見かけますが、普段あまり使わないかもしれません。
ただこのほくほくとした食感はとても面白く、小松菜のシャキシャキ感とよく合うんです。
ひよこ豆がなければ、ダイスカットにしたジャガイモでも代用できますよ。

材料(2人前)

・小松菜          半袋(4〜5わ)
・ひよこ豆(乾燥状態)   50g
・牛ひき肉         100g
・椎茸           2個

ひよこ豆下処理用
・水            200cc

煮込みスープ
・水            250cc
・白ワイン         50cc
・にんにく         1片
・コンソメキューブ     1個
・オリーブオイル      大さじ1
・塩            小さじ½
・胡椒           適量
・レモン皮         適量

 

①ひよこ豆を流水で軽く洗い、下茹でします。
鍋に水とひよこ豆を入れ、中火で10分ほど煮詰めます。
水分がなくなれば下茹で完了です。

blog_danshi24_09

水分が残っていても、食べてみて芯が残ってなければ問題ありません

②小松菜は食べやすいサイズにざく切りにし、椎茸は石突きを取り除いてさいの目に切ります。
にんにくは、みじん切りにしておきましょう。

blog_danshi24_10

小松菜の葉と茎は火の通り方が違うので分けておきましょう

③鍋にオリーブオイルをひき、中火でにんにくを炒めます。
香りが出てきたらひき肉を入れ、焦げ付かないように混ぜましょう。
火が通ったら水と白ワイン、刻んだ椎茸をいれます。

④沸騰したらアクを取り、コンソメとひよこ豆を投入。
全体がなじんだら小松菜の茎をいれて一煮立ちし、最後に葉をいれましょう。

⑤塩と胡椒で味を整えて、器に盛りつけます。
細かく刻んだレモンの皮を飾れば、小松菜とひよこ豆の煮込みの完成です!

 

まとめ

blog_danshi24_00

大阪の有機農家、冨田さんから鮮度抜群の無農薬小松菜が届きました。
小松菜はチンゲンサイやタアサイと同じアブラナ科。
その栄養価は、ほうれん草をしのぐほどに豊富だと言われています。

スーパーでは1年を通して売られていますが、寒くなるこの時期に一番甘みが増します。
生でも火を通しても美味しく食べられる、冨田さんの無農薬小松菜。
ぜひレパートリーの1つに加えてみてください!

 

2017.01.23

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ