高菜本来の辛みとほんのり苦みを活かした生高菜とベーコンのペペロンチーノ

 

レシピのポイント


高菜本来の辛みとほんのり苦みを活かしたちょっと大人のペペロンチーノ。

油との相性の良い生の高菜を一度炒める事がポイント。

メリハリのある味わいに仕上がります♪

 

材料(約4人分)


高菜         100g
ベーコン       30g
パスタ        100g
にんにく       1片
唐辛子        1本
オリーブオイル    大さじ1
アンチョビ      1枚

パスタの茹で汁    150cc
塩          適宜
オリーブオイル    大さじ1

 

レシピ

手順 1

高菜とベーコンは1cm程度の幅にカットしておきます。

 

手順 2


フライパンにオリーブオイル、潰したにんにく、唐辛子を入れて弱火にかけ、にんにくとベーコンの表面がきつね色になるまでじっくりと加熱します。そこへアンチョビも入れてこんがりするまでほぐしながら炒めます。

 

手順 3


火力を中火にし、高菜も加えてさっと炒めます。

 

手順 4


パスタは規定の時間より1分短めに茹でます。茹で上がったら茹で汁150ccとパスタ、オリーブオイルを高菜とベーコンの入ったフライパンに入れて全体を乳化させるように、強火であおりながら混ぜ合わせ、塩で味を調えたら完成です。

 

奥深い旨味・甘味が味わえる!木村さんの高菜


愛知県の木村さんから「高菜」を送っていただきました。

ピリリとした辛み、後から広がる苦み、それでいてしっかりと感じられる旨みと甘み。
とても力強いエネルギーを感じるお野菜です。
高菜漬けにしてもひと味違う仕上がりになりそう。油との相性も抜群なので炒め物にもおすすめです。
加熱してもしっかりと苦みと旨みが感じられるので、ごま油やスパイスと合わせたり、個性の強い食材と一緒に調理しても負けません。大人な味付けの一品がおすすめです。

お野菜の持つ味わいを活かしていろいろなお料理に取り入れて楽しみたいですね♪

 

ココノミの野菜情報
木村さんの高菜(愛知県産)
「雲仙こぶ高菜」という九州地方の高菜で茎の部分に「こぶ」があるのが特徴。一時絶滅の危機にありましたが、復活した幻の野菜です。スローフード国際協会の最高位に日本で初めて認定されています。ピリッとした味で高菜漬けの他に炒め物やおひたしでも。※越冬すると「こぶ」の部分が際立ってきます。
木村さんの高菜(愛知県産)を詳しく見る

2018.12.13

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ