玉ねぎの照り焼きステーキ!いつもと違う食べ方で甘みや柔らか食感を楽しむ

 

レシピのポイント


たまねぎの持ち味の甘みや柔らか食感を存分に楽しめる一皿。

ごはんも進みます。もちろんステーキのサイドお野菜としても抜群の相性です♪

 

材料(4人分)


玉ねぎ         1玉
バター         大さじ1
にんにく        少々(1/5片程度)
しょうゆ        大さじ1
酒           大さじ1
みりん         大さじ1
砂糖          小さじ1
パセリ         お好みで

 

レシピ

手順 1


材料を準備します。

たまねぎは1cm程度の厚さにスライスしておきます。

しょうゆ、酒、みりん、砂糖はあわせておきます。

にんにくはスライスしておきます。

 

手順 2


フライパンにバターとにんにくを入れて中火にかけ、バターが溶けてきたらたまねぎを入れてしっかりと焼き色がつくまでソテーします。

 

手順 3

両面に焼き色がついたらあわせておいた調味料を入れ、とろみが出るまでたまねぎと絡めながら弱火でにつめたら完成です。

 

手順 4

お皿に盛り、フライパンに残ったソースも全部かけて、お好みでパセリやねぎを振りかけて召し上がれ♪

 

甘みが強い後藤さんのたまねぎ

兵庫県の後藤さんから、とりたて新鮮な「たまねぎ」を送っていただきました。

どんな調理法でも美味しく味わえて、主役にも脇役にも大活躍でお料理にはかかせない存在の「たまねぎ」。

後藤さんのたまねぎは甘みが強く、ピリッとくる辛みがほとんどないので、その甘みを存分に楽しめるようなじっくりと火を通す調理法がおすすめです。

いろんなお料理に取り入れて楽しく美味しくたくさんたべたいですね♪

 

2018.03.12

  • 書いた人:kei

    鳥取・境港市在住。カフェ勤務・コーヒーソムリエ。
    美味しいお料理は家族や大切な人を笑顔に、幸せにしてくれます。そんな「美味しい一皿」の為にはひと手間を惜しまない!を心がけながら『家族と一緒に食べたい一皿』『晩酌のお供♪お酒と楽しむ一皿』『おもてなしの一皿』をテーマにレシピをご紹介します。

こんな記事もおすすめ