ヘルシー&お手軽なグランドペチカ(じゃがいも)のガレット

blog_danshi22_07

グランドペチカのガレットです。
本来持っているデンプンのみをつなぎにしているので、ヘルシー&お手軽に。

作る際の注意点は2つだけ。
デンプンを出やすくするため出来るだけ細く切ることと、水にさらさないことです。
また今回はグランドペチカの甘みを活かすため、奥能登の塩を使いました。
一緒に添えたのは半熟に仕上げた目玉焼きですが、お好みでチーズやベーコンを混ぜても美味しくなりますよ。

材料(2人前)

・グランドペチカ      中3個
・卵            1〜2個(お好みで)
・オリーブオイル      大さじ3
・奥能登の海水塩      小さじ1/2
・オレガノ         適量
・ブラックペッパー     適量

 

①グランドペチカをよく洗い、スライサーで薄くスライスしてから千切りに。
ボウルに移したら海水塩と和えておきます。

blog_danshi22_08

塩の量は少なめにしていますので、食べる際に調節してください

②フライパンにオリーブオイルを引き、中火で焼きます。
全体に広げたら、押し付けながら焼いていきましょう。

blog_danshi22_09

焼き時間の目安は片面5分ずつのトータル10分。裏返す時にはお皿を使うと失敗しにくいです

③ガレットが焼き上がったら、次に目玉焼きを作ります。
ポイントは蓋をせず弱火でじっくり焼くこと。
そうすることで、黄身がきれいな半熟目玉焼きに仕上がります。
目玉焼きをガレットの上にのせたら、オレガノとブラックペッパーを散らして完成です!

 

まとめ

blog_danshi22_00

オーガニック・ファームGTOさんから、グランドペチカが届きました。
聞き慣れない名前の品種ですが、それもそのはず。
日本ではおよそ100種類のジャガイモが栽培されていますが、グランドペチカは平成12年に登録されましたが、生産農家がとても少ないジャガイモです。その食感は栗とジャガイモが合わさったようなほっこり感で、 深紅の皮も特徴の1つ。

ジャガイモ本来の旨味に加えて、ほのかな甘さが感じられるグランドペチカ。今回はオーブン焼き、茹で炒め、揚げ焼きと、火の通し方を変えて食べ比べをしてみたいと思います。

 

2017.01.04

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ