「ふっ」と笑顔になる美味しい野菜!大阪府岸和田市の無農薬農家の射手矢さん訪問

今回の美味しい野菜の舞台は、大阪府岸和田市

今回の美味しい野菜の舞台は、大阪府岸和田市で無農薬農家をされている射手矢さんの農園です。

農園のある大阪府岸和田市は人口約195,000人で、だんじり祭や岸和田城など、人がにぎわうイベントやスポットには事欠きません。

12月下旬、ココノミスタッフが訪問させていただいた日は良いお天気で、農園からは大阪湾や淡路島、あべのハルカスがよく見えました。

そして、農園の周りにはみかん畑がたくさんありました。

畑の土壌のは粘土質のため、人参や大根などを主に栽培しているそうです。

また岸和田市とは別に、泉大津にも畑を持っているそうですが、そちらの土壌は砂質のため、主にイモ類を育てているのだとか。

主婦時代の家庭菜園から、本格的に農業を開始

射手矢さんが農業をはじめる前にしていたのが、主婦時代の家庭菜園でした。

その後、お子さんに安心安全な野菜を食べさせてあげたいという想いから、徐々に農業をはじめられたそうです。

今では無農薬・無化学肥料での栽培が20年、自然栽培が7年、合計27年というベテラン農家さんです。

農業をされていて苦労していることは、虫による被害だそうです。

自然栽培はどうしても虫との戦いになるのだとか。

しかし、虫などの生き物と共存できる畑が、もっとも自然に近い形なのだと、射手矢さんはおっしゃっていました。

「ふっ」と笑顔になれる、おいしい野菜をめざして

射手矢さんのお人柄は、優しく気さくであたたかく、周りの人からもとても慕われていました。

そんな射手矢さんが野菜作りで心がけているのは、「ふっ」と笑顔になれるような、おいしい野菜を作ること。

野菜作りに関しては、まだまだ勉強中とのこと。農業歴27年にもかかわらず、謙虚な姿勢は変わりません。

こんなところも、射手矢さんが慕われる理由なのだと感じました。

射手矢さんがこれからやりたいことは、見ることができる範囲の畑で、おいしい野菜づくりを続けていくこと。

また、今年からアスパラを自然栽培で育てることにも挑戦していきたいと話していただきました。

射手矢さんが作るオススメお野菜

最後に、射手矢さんの畑でつくっている、食べたら「ふっ」と笑顔になってしまうような、おいしい野菜を紹介してもらいました。

まずは、さつまいも。甘みがたっぷりあり濃厚で、ココノミスタッフも干したさつまいもを頂きましたが、何も手を加えていないのに芋ようかんのような濃厚な甘みがあり、とてもおいしかったです。

次にバターナッツ。日本ではあまり聞きなれない野菜かもしれませんが、アメリカでは人気のあるカボチャの一種です。

射手矢さんの畑で採れるバターナッツは、さっぱりした甘みが特徴で、とても美味しいでそう。

また、バターナッツや冬瓜は、射手矢さんがずっと自家採種をして育てているのだそうです。

(自家採種とは、自分で栽培した野菜の中から、特に優良な株を選び、種を採って次の生産に回すことを言います。)

みんなを「ふっ」と笑顔にしてくれる野菜づくりを続ける射手矢さんに、ココノミはこれからも注目していきたいと思っています。

2018.01.26

こんな記事もおすすめ