温泉卵でまろやかに!春菊と鯖缶の健康にいいサラダ

 

レシピのポイント

隠し味のごま油が、食材のつなぎになります

春菊と鯖は、コレステロールが気になる方にはお奨めのレシピ。

春菊に多く含まれる葉緑素のクロロフィル、鯖のDHAやEPAはコレステロールを減らす効果があるんです。

そこに合わせたのは、味噌と梅干しの発酵食品コンビ。

美味しさはもちろん、健康にもとてもいいサラダです。

鯖は味噌煮の缶詰でも出来ますが、味が濃くなり過ぎるのでは缶詰の量を加減して作ってくださいね。

 

材料(2人分)

春菊       1袋
卵        2個
鯖缶(水煮)   1個
味噌       小さじ1〜2
ごま油      小さじ1
梅干し      1粒
ブラックペッパー 適量

 

レシピ

手順 1

まず温泉卵を作ります。

鍋に1ℓのお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて水を100cc入れましょう。

ゆっくりと卵を入れてから蓋をし、13分したら取り出します。

そのままあら熱が取れるまで待てば、温泉卵の出来上がりです。

 

手順 2

鯖は缶詰から取り出して水を切っておきます。

ボウルに鯖と味噌、種を取った梅干し、ごま油を入れ、潰しながらよく混ぜ合わせましょう。

骨は柔らかく煮込まれているのでそのままでも問題ありませんが、気になる方は取り除いてください。

※泡立て器や木べらを使うと、潰しながら混ぜやすいです
 

手順 3

春菊を4㎝くらいにカットします。

よく水分を切ったら、手順2の材料と混ぜ合わせます。

※混ざりにくい場合はごま油を追加すると、混ぜやすくなります

 

手順 4

手順3を皿に盛りつけ、温泉卵をのせます。

最後にブラックペッパーを適量散らせば出来上がりです!

 

緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素の春菊


※茎の艶と葉の張りが、力強さを感じさせます

春菊は緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素を含んでいます。

そのなかでもカリウムは体内の塩分量を調節し、むくみ対策に効果的です。

血行促進に効くと言われる葉緑素、クロロフィルも豊富なので、寒くなる時期の冷え性対策にもいい食材なのです。

鍋の脇役のイメージが強いですが、煮ても炒めても香りが失われにくいので存在感は抜群。

長野県の磯村さんが育てた春菊、いろんな調理法で味わってみてくださいね。
 

2017.10.23

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ