朝食にも夜食にも!春菊と生姜の中華粥ごま油で味わいを

段々と寒くなる、これからの季節にピッタリです

 

レシピのポイント

お粥は病気の時に食べるイメージがありますが、実は朝食にも夜食にも使える万能レシピ。

水とお米の量さえ覚えればアレンジも色々できるので、ぜひとも普段の食事に取り入れて欲しい料理の1つです。

春菊の香りと仄かな苦味に生姜の風味が相まって、奥深い味わいになっています。

肉類は入っていませんが、最後にかけるごま油の効果でしっかりとした味わいになりますよ。

 

材料(お茶碗4杯分)

春菊        1/2束
しょうが      2片
お米        1合
水         1200cc
中華スープのもと  小さじ2
塩         ひとつまみ
ごま油       適量
 

レシピ

手順 1

しょうが1片分をすりおろします。

よく洗ったお米、水、中華スープのもと、すりおろししょうがを鍋にいれ、火にかけましょう。

沸騰するまでは強火で、それ以降は弱火にします。

焦げ付きに気をつけて、お米の粒を潰さないよう底から優しくかき混ぜます。

加熱時間の目安は30分程度です。

 

手順 2

春菊は葉先の部分を3㎝程度に、茎の部分は1㎝くらいにカットします。

残ったしょうがは細めの千切りにしておきましょう。

※茎と葉で切り方を変えることで食べやすくなり、食感も良くなります

 

手順 3

お粥に膜が出来始めたら、春菊の茎の部分を入れて1分ほど煮込んでから火を止めます。

※茎は火が通りにくいので、先に加熱します

 

手順 4

火を止めたお粥に春菊の葉を入れ、軽く混ぜてから塩で味を整えます。

器に入れて千切りのしょうが、ごま油を適量散らせば出来上がりです。

 

緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素の春菊


※茎の艶と葉の張りが、力強さを感じさせます

春菊は緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素を含んでいます。

そのなかでもカリウムは体内の塩分量を調節し、むくみ対策に効果的です。

血行促進に効くと言われる葉緑素、クロロフィルも豊富なので、寒くなる時期の冷え性対策にもいい食材なのです。

鍋の脇役のイメージが強いですが、煮ても炒めても香りが失われにくいので存在感は抜群。

長野県の磯村さんが育てた春菊、いろんな調理法で味わってみてくださいね。
 

2017.10.24

  • 書いた人:料理男子

    兵庫県に在住。趣味の料理が高じてレシピを作るお仕事をいただくようになり、フードライターに。
    妻と5匹の猫と暮らしています。

こんな記事もおすすめ